G425とG410アイアンをちょっと打ってみました。

レッスンの合間にちょっとうち比べてみました。店長の7番アイアンのカラーコードはレッドにALTA JCB RED(S)とALTA JCB SLATE(S)を挿して打ってみました。最初に打ったG410(nFlight黄色線)はドローになることが分かったいますので想像通りの弾道です。Gアイアンは飛ぶのとボールを自然に捕まえてくれるので好きなアイアンです。右に出てちょっとつかまりすぎてピンの左が多い球筋ですが、

さてG425アイアンです。初速が違うのが数字を見なくても分かります。G410アイアンに比べてスピン量が減り、コントロールされたドローでピンにむかいます。

初速が上がったのは、22%薄くなったフェースの周辺部の効果だと思います。

球筋ですが動画での説明にありますが、重心位置をややヒールよりに設計されたことで、店長の場合、よりタメを作ることが可能になっているのでドロー回転が抑えられる結果となっています。ロングアイアンにGシリーズを使うと楽なことはわかっているのですが、どうしてもフィーリングが違いすぎて二つのスイングを用意しなければならなかったんです。G425アイアンは同じスイング感覚で行けるのかもしれません。また、最近ショートレングスのショートウッドを使っていますが、9番ウッドからBLUEPRINTの5番アイアンのつながりでやさしさのギャップが逆く大きくなりすぎて11番ウッドが欲しいくらいなんですが、これの5番アイアンを使って180を楽に狙ったほうがそれ以下のつながりがよくなるのかもかもしれません。G425アイアンは同じスイング感覚で行けるのかもしれません。本気でこのアイアンに合うシャフトを探したくなりました。

額賀プロが競技志向のゴルファーが使えると言っていましたが、まだ、店長も打ってはいませんが球筋を作れるかもしれません。G410アイアンのターゲット層よりも大きく上級者寄りに広がっている印象です。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。


コメントを残す