店長のCHIPR

営業さんが、勉強したいというので、店長のCHIPRをお貸ししました。勿論、標準仕様のCHIPRは、持っています。ようは、店長のCHIPRがどのような目的を持ってカスタムされているかの勉強です。

皆様にも、どのようなカスタムをどのような目的でしているかを紹介します。

店長のCHIPRの秘密1

店長のCHIPRの長さは使用するパターと同じです、パターと同じようにストローク(スイング)するので、長さを同じにしました。
パターの長さは34インチですので、CHIPRを同じ34インチでオーダーしてもいいのかというと、

33.25インチにします。CHIPRは50度測定法でクラブ長を計測しますので、34インチのパターと同じ長さにするときには、上の写真のように33.25でオーダーすることが必要です。

店長のCHIPRの秘密2

次にライ角です。パターのようにスイング(ストローク)してパターと同じ方向にボールを打ち出したいと思いますが、店長はあえて、CHIPRのライ角を1度フラットのレッドにしています。

なぜ、上のようにCHIPRのライ角を1度フラットにしたのかというと、同じライ角ではボールをひっかける可能性があるためです。

アドレスでボールをフェースの前においてセットアップすると思いますが、インパクトでのクラブの位置がパターとCHIPRでは異なります。

CHIPRはロフトがあるため、パターの比べクラブが進んだ位置でボールをとらえることになります。その分CHIPRのフェースの向きは閉じた状態になりますのでボールは左に飛び出します。その調整のためにライ角を1度フラットにしています。(本当は2度にしたいのですがアドレスで違和感が出るので1度で我慢しています。)

店長のCHIPRの秘密3

次はグリップの工夫です。CHIPRの標準グリップは360DYLA WEDGE:サイズはアクアですが、写真のようにGP LITE TourVelvet(バックライン有)にしています。下巻き数は全体1巻き、TIP+2です。

アクアのサイズに比べて下巻き数5巻き分太いグリップが、ほぼパターのグリップと同じサイズとなります。これは、フリップサイズを太くして、過度なフェースターンを抑えるためです。CHIPRのトウ側のウェイトが大きいのでフェースがターンする方向にトルクがかかりますが、太いグリップにしてそのトルクに対抗します。

店長のCHIPRの秘密4

バックラインなしのグリップが合うのではないかと思いがちですが

バックライン有のグリップにしています。パターのグリップには通常、平らな面があり、フェースの向きを感じさせます。CHIPRはパターではなくショット用のクラブに属しますので、パターのグリップに許される平らな面を持ったグリップを装着できません。

 そこで、浮かんだのが、販売中止となったPING FINGERLOCK PUTTER GRIP

グリップ正面の平らな部分は少なく、強調されたバックライン両手の指指の腹に載せることによりスクエアにグリップするグリップのように、バックラインの効果を強調すればいいというアイデアです。グリップのサイズをオレンジにしたことでバックラインがより強調されます。

4つの秘密によって、完全とはいきませんが、ほぼパターと同じようにストローク(スイング)できるCHIPRが出来上がたんですね。

このCHIPRで何ができるのかというと、少なくともグリーン手前30ヤード(なれれば50ヤード)をグリーンにできるというわけで、距離感のコツさえつかめばピンによって行きます。

営業さんはCHIPRの返却時にこう言っていました。試打会の会場で、標準仕様のCHIPRを試打して、ピンとこなかったお客様が店長のCHIPRを気に入られて、少なくとも7件以上注文を下さったとのことでした。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

現在は、PINGの標準仕様の試打クラブと店長のスペシャルCHIPERが店舗にありますので興味がある方はうち比べしてみてください。フィッティングをご希望であれば、現在、使用しているパターをお持ちください。

ご予約はこちらから

PING 2023PUTTER ANSER

CHIPRよりはちょっと派手に発表されたPING2023PUTTERパターですが、やっぱり、CHIPRのようなインパクトはありません。

前作のHEPPLERはブラックとゴールドのコントラスト

でしたが、今回のPING2023PUTTERは

ブラックとシルバーの組み合わせです。

HEPPLERの時はそれほど感じなかったんですがPING2023PUTTERではトップレールがシルバーになったことでかなり方向感が向上しています。先日、コースで使用する機会があたんですが、L字と同じようにピッタリターゲットに対して合わせることが出来るパターとなりました。

これから、細かく機能を紹介しようと思いますが、店長、2023パターお願いしております。店長的には、50周年記念パター アランモデルもANSR2 WRXも超えています。この2つのパターは気分によって使い分けながらずっと使い続けてきましたが、2023 PUTTER 浅溝はかなりいいと思います。

軟鉄をミーリングする方が打感は柔らかくなりますが、その分、ボールをはじきが弱まり、微妙なタッチの変化を吸収してしまうので、店長は硬い方が好みです。

しかも、フェース面に対して横に入る溝はギア効果を高めているのではないかと思います。

50周年記念パター アランモデルよりもANSR2 WRXの方がフェース面の精度w上げるためにミーリングしてあるので、ボールは転がります。それよりも

2023パターの横に入っている浅溝は、ボールに対してフォワードスピンに貢献している洋右です。

それに、今回2023PUTTERにはタングステンウェイトを搭載されているモデルが登場したんですが、2023PUTTER ANSERもその一つです。50周年記念パター アランモデルやANSR2 WRXよりも多分軽い量のタングステンウェイト(2021と同じ?)ウェイトを搭載されていると思いますが、ヘッド重量が345グラムと軽くなっていますので、慣性モーメントは大きくなっているのではないかと推測しています。

また、タッチにもどりますが、重いパターはどうしてもソフトタッチが難しい。速いグリーには重いパターが合うということは、ちょっと物理的に考えるとおかしいとわかります。つまりはヘッドが少し軽くなったことでタッチが向上しており、スチールシャフトより軽い、標準のグラファイトシャフトで総重量が13グラムくらい減っているので、より、フィーリングがよくなっていると思われます。

みなさん、店頭で見かけたらちょっとボールを転がしてみてください。LBに試打用(店長のものですが)入ってきたらまたご連絡いたしますね。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

あっ、そうそう、グラファイトシャフトの効果もあると思います。

「CHIPR」のグリップを考える

話題沸騰の「CHIPR」ですが、試打クラブでショットしてみると、クラブフェースのコントロールに不安がありました。

形状からもわかるように

トゥが重いのでいったん回転すると、パターのグリップの強さではスクエアをキープしにくい感覚があります。そこで、布をグリップに巻いてグリップを不当してショットするとフェースのコントロールが容易になります。(多分パターグリップであればコントロールできると思いますが)

発売日に、グリップサイズをゴールド下巻きを先端4巻き、手元2巻きの「CHIPR」もオーダーしてあり、本日入荷したので試してみると、ほぼ、ヘッドは暴れません。カスタムオーダーは無料ですのでご購入の際は検討してみてください。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

「CHIPR」はこんなスペック

「CHIPR」のスペックです。

  • ロフト– 38.5度   (28.5度)
  • ヘッド重量 325g (285g)
  • ライ角 70度 (63.5度)
  • クラブ長 34インチ (35.75インチ)
  • *Z-Z115 / *360 DYLAWEDGE LITE AQUA

()内の数字は参考値。

ロフトは38.5度、現代の一般的な9番アイアンのロフトです。カッコ内は5番アイアンのロフトです。

ヘッド重量はLWとパターの間の重量です。クラッシックパターよりは重いので、さほどパターのようにストロークしても違和感はありません「。

ライ角、シャフト長はパターに合わせてあります。カッコ内の9番のスペックと大きく違います。

パターのようなストロークで、9番アイアンでチップしたような弾道が出るといっていいと思います。スタジョオ内での実験ではキャリーが1に対してランが4でした。下の図は店長が目安としているキャリーとランの目安です。

参考にしてください。もちろんグリーンの速さ、硬さ、傾斜によって違いますので調整をお願いいたします。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。

PINGの「CHIPR」はなにが違うのか?

他のメーカーも沢山チッパーを出していますし、PINGも昔はCHIPOを出しています。

CHIPRは

  • 丸みを帯びたソール形状 
  • シャローフェース
  • バウンスが多い (8度)

ということで、徹底的に縦距離の精度にこだわり、この結果ラフからでも打てるチッパーになりました。

カラーから、パターを使う場合は、バンスの無いパターではダフらないように打たなければならず、ストレスがかかります。でも、「CHIPR」はソールが丸く幅があり、バンスがあるのでストロークに専念でき、距離が合いやすいです。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。

店長はパターのように使う CHIPRをパターと違うシャフト長にしたのか

店長が、普段、使用しているパターのスペックが、シャフト長:34インチ、ライ角:ブラック(70度)です。

出来るだけ現在使用しているパターと同じようになるようにオーダーしようと思いました。「CHIPR」はパターと同じストロークを要求しているので。

単に数字を合わせるのではなく、試打クラブでボールの飛びだし、転がりをチェックし、スペックを決定しました。

決まった仕様はこちら

  • ChipR
  • 【左右】右(RH)
  • 【ロフト/番手】-
  • 【ロフト調整】1 DEG WEAK
  • 【カラーコード】RED (1度フラット)
  • 【シャフト名】Z-Z115 WEDGE
  • 【フレックス】-
  • 【長さ】-0.75 (標準は34インチ)
  • 【グリップ名】GP LITE TOUR VELVET
  • 【詳細】オレンジ (BL有り)
  • 【下巻き・添付(未装着)など】グリップ添付

シャフト長が違いますよね。実はこれでパターと同じシャフトの長さになるんです。

「CHIPR」のシャフト長は50度計測法で表します。そうするとクラブのソールを基準にすると、パターのシャフト長より0.75インチ長くなるからです。ですのでお使いのパターと同じ長さにしたいときは0.75インチ短くオーダーしてください。

次に、ロフトはボールが飛行する距離を増やしたいので、1度寝かしました。こうすることで標準のロフトより「CHIPR」が使える範囲が広がります。

副産物としてバンスが増えるので、悪いライにも対応が可能になります。

次に、ロフトを増やしたことで、インパクトでボールがフェースにのるので、左へボールが飛び出しやすくなります。そこで、補正としてカラーコードを1度フラットにし、左へのミスをケアしました。

最後にグリップです。クラブの分類上パターではありませんので、パター用のグリップを装着することが出来ません。パター用のグリップのほとんどは平面部分があり、その部分に親指をおいてグリップすることでアライメントをようにします。

実はGP LITE TOUR VELVET(オレンジ (BL有り)を使って、巻き数を巻き方を調整しようと考えています。目標はスーパーストローク風なフィンガーロックです。発売が中止となったフィンガーロックですが強調されたバックラインでアライメントが正確になるようにしたいと思います。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。

念のために言っておきますが、グリー周りのアプローチは得意です。「CHIPR」でボールを打っていくうちに、もしかしたら、たまに入るアプローチが、パターまでとはいかないまでも、かなりの確率で入るのでないかと思った次第です。

もうひとつ理由があるんですが、それは次回にしたいと思います。

ウェッジはバンスを使いたい。

ウェッジは基本的にフェースをオープンにして使います。その根拠はバンスを利用しやすくするためです。

このようにフェースをストレートまたは閉じ気味にしてハンドファーストに使うと、バンスが機能しなくなり、ボールのちょっと手前に入り、チャンク(ざっくり)してしまうことが多くなります。

アプローチに悩む人はこのケースが多いですが、ウェッジを開いて使ってみてといっても、開くことがなかなかできないようです。

昨年、GLIDE3.0ウェッジのWS(ワイドソールブーム)は、これに悩んでいる人が多いことを証明したしたわけです。

ポールターのアプローチは水分手前からクラブが入っているんですよ実際に。

ウェッジの使い方で特殊なものは、シャフトを短くグリップして。ヒールを浮かして打つというものがあります。

但しヒールを浮かしただけでは

このようにフェース面が右を向くので、ボールは右に出てしまうので

このようにシャフトを回転させ、フェースが目標を向くように調整して行います。ヒールを浮かし、フェースを回転させ、後はパターのようにストロークしますが、バンスがなくなるので、絶対にチャンク(ざっくり)しないように、やや、ハンドフェースとが強くなるように打ちます。そのため、やや強く入る分を考慮して打っているんですが、オーバーすることがまれにあります。

昨日、突然発表された「CHIPR」

は8度のバンスがあるチッパー、出玉を強くする必要がないので距離が合わせやすいクラブです。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。

さて、店長オーダーしてしまいました。

  • ChipR
  • 【左右】右(RH)
  • 【ロフト/番手】-
  • 【ロフト調整】1 DEG WEAK
  • 【カラーコード】RED (1度フラット)
  • 【シャフト名】Z-Z115 WEDGE
  • 【フレックス】-
  • 【長さ】-0.75 (標準は34インチ)
  • 【グリップ名】GP LITE TOUR VELVET
  • 【詳細】オレンジ (BL有り)
  • 【下巻き・添付(未装着)など】グリップ添付

です。普段使用しているパターとほぼ同じ仕様です。

普段、使用しているパターは、34インチ、ライ角:ブラック(70度)です。

何故この仕様になったのかは、次の投稿で!

1930年にジーサラゼンによって

1930年代にジーンサラゼンによって発明されたサッドウェッジですが、現代ではバンカーだけではなく、グリー周りの様々な場面で使用すくクラブとなっています。

どのメーカーも様々なソール形状を発表しております。PIUNGでも

このように4種類の形状のウェッジを出していますが、正しいソール選びは出来ていますか?

ライ悪によって、右に飛び出る。左に飛び出てるだけではないんです。
というのはこちら!
適正なライ角の場合、ウェッジのソールはまんべんなく地面に接地します。
アップライトの場合はウェッジのソールはヒール側を中心に設置します。
フラットなウェッジはソールのトウ側を中心に設置します。
ということは適正なライ角以外のウェッジを使用しているときには、ぜっかく自分に合ったソールを使っていても、そのソールが活かされていないいんですね。
アイアンのフィッティングを受けていただいた方で標準のブラックになる人は、約3割。アイアンに比べてウェッジのライ角は1度から2度がお勧めですので、もしすべての人が標準のライ角であるブラックを選択しているとしたら、3分の2の人があっていないウェッジを使用しているということになりますね。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。

ウェッジのライ角は?

今春発売のGILDE4.0はカラーコードを前面に押し出しております。

当店にも56Sのライ角違い(オレンジ(2度フラット)、ブラック、グリーン(2度アップライト))を用意しております。ぜひ体験していただきたいと思います。

YouTube界でも、それを取り上げた動画が出てきました。

動画の中で石井プロがウェッジのライ角は1度フラットとの紹介がありますが、店長はもフラットの方が使いやすいと思います。その理由はフェースが遅れてくること。通常のショットに比べてゆっくり振るアプローチでは積極的にラグを作るわけも行かないので、アイアンのライ角よりもフラットなウェッジの方が使いやすいんです。

フラットなライ角はフェースの向きがインパクト時に右を向くということだけではなくスイング中アプライトなライ角のクラブはフェースターンが遅れます。この遅れがクラブのコントロールを容易にし、ボールの接触時間が増え、スピン量が多くなります。

ウェッジのバンスも大事ですが、ライ角はもっと大事。適正なライ角があってこそ、ソールが威力を発揮するのです。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。

 

5.5番相当

6番より上のアイアンをi525アイアンにチェンジしようと画策している店長です。7番と6番を発注し、BLUEPRINTの6番、5番とチェンジをもくろんでおります。

コースでi525アイアン7番(パワースペック)とi59アイアンの7番を打ち比べてもらいました。その結果は1番手飛ぶというのではなく1.5番手とのこと。i5257番アイアンは5.5番アイアンでしたとのこと。

ということであれば、つながり重視で、BLUEPRINT、i59、i210では、ロフトはUS_STDがよさそうで、G425アイアンではPowerSpecLOFTが基準となりそうです。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。