FUJIKURA SPEEDER EVO7

健忘録として書いておこうと思います。

G410シリーズの

PING以外のシャフトの装着は昨年のFUJIKURA SPEEDER EVO6シリーズが発売される前までは、ダントツで

TENSEI CK ORINGE PROが多かったんですが、渋野プロの効果もあって発売以降は他の追随を許さず、UJIKURA SPEEDER EVO6シリーズの独壇場となりました。

今年、発売されたのは

SPEEDER EVO7シリーズです。ひょんなことからSPEEDER EVO5をうち比べをすることになり、お客様に打ってもらいました。

7と5打った感じは同じ、傍で見ている私のイメージも同じ、同じように飛んでいるなと感じでいましたが、nFlightの全然飛距離が違う。

なぜかなと考えたときに

超高弾性炭素繊維平織シート「70tカーボンクロス」

■カーボンクロス(平織物)は、層間でのズレが極めて少なく、インパクト時のブレを抑え、距離・方向安定性が高める。

■超高弾性70tのクロスを使用することで、弾き感の向上と、打感の変化を生み出す。

マルチフーププライ積層設計

■AirSPDや、SPD TRでも使用されている、「マルチフーププライ積層」を採用。

■とくに潰れを抑制するフープ層を、シャフト内層と外層それぞれに積層する2枚構成とすることで、潰れと曲げの強度向上を達成しています。

■シャフトの変形を抑え、スイングの再現性を高める。

この2つの要素が大きいのではと思いました。

KUROKAGE XDでも書いておりますが、キーポイントは大型ヘッドの負けない先端剛性のようです。

それにしてもフジクラさん見事でございます。

当然これを採用しているFUJIKURA SPEEDER EVO6も同様と考えています。

と思っていたら、本日、三宅君がフィッティングに来ました。叩き系の三宅君はEVO6でした。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

カーステンだったら

現在のPINGの成功は、カーステンの理論・技術追求の路線から、技術が向上することによって、だんだん受け入れられるようになったものと、理論・技術がすごすぎてあっという間に定番となったものがあるとおもいます。

前者はパター以外のクラブ、売れ始めると、注目されそれが醜いアヒルの子と言われたが、

それが、技術をもって今や、ど真ん中に位置することになってなっているi210アイアン。

後者は、見た目は決して良くないが、その性能によって、あっという間に受け入れられたANSERがあります。

もちろんその背景にはライ角を基本理念に掲げてそれを推進してきたことが大きいと思っています。

Ping Color Chart ping color code chart bidproposalform com

PINGのヘッド(アイアン、パターなど)は、ヘッドを標準ライとなるように製作されます。この段階では誤差があるので、標準のブラックでも、ブラックとなるように調整します。他のカラーコードは他のカラーコードになるように調整します。

以前の表面仕上げはサンドブラストのものが多かったですが、最近のモデルではメッキ仕上げとなっています。メッキ仕上げの場合は大きく曲げるとストレスマークが出てしまうことがあります。

Sigma2アンサーのステルス仕上げ、アーナでは3度以上曲げた場合はこれまではストレスマークが出ることがあり、不良品ということでお客様からのクレームが多かったようです。

PING GOLF JAPANはこれに対応しました。どのような対応の仕方をしたかというと、ライ角の調整範囲を±4度から±2度に変更しました。これで、お客様からのクレームはなくなることでしょう!

USのWEBサイトは変更はありません。ライ角を大きく調整してストレスマークが出たとしても、工業製品としては目標とする機能を有するので、問題がないというのが、US PINGの考えなんでしょうか?パターをプレーするのに使う分には問題がありませんから。

日本のユーザーはゴルフクラブは手仕上げの部分が多いので、工芸品として感じている方も多いと感じます。傷=ストレスマークがつくと不良品と感じるんだと思います。傷だから不良品。だからクレームというロジックですね。ボールを希望したライ角で打つということに関しては正常な製品だが、不良品なんですね。

多くのクレームが集まり、そのことの対応が大変だったんでしょうね。上記のような対応をPING GOLF JAPANがとるのも理解できますが、アンサーステルスで3度以上調整をしなければならないユーザーの道は閉ざされました。

店長としては、念書をいただく方法でもいいから、調整範囲は残してほしかったデスネ。

カーステンだったらどう思うんでしょうか?これが過剰になってアイアンのライ角調整は±2度までということになるとすると、フィッティングのPINGという看板は下ろさないといけなくなりますね。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

重い話だったので、最後は成長著しい芽ちゃんのスイングをどうぞ!

 

G425MAXの分かってきたこと

今度のG425MAXは基本的にはつかまるんです。ときたまフェースがが開いてプッシュアウトします。

気になるウェイトの重量は

G425G410wt
左G425 右G410

外してみるとG425MAX 23グラム ,G410Plus 14グラムと大きく違います。

G400MAXのウェイトの重さはそれよりも少し軽い重量だったように思います。これまでの2倍という記事は見つけることが出来たんですが、具体的な数字はわかりませんでした。

G400MAXとG425MAXを上から撮影してみると

g400maxvsG425max
上:G400MAX、下:G425MAX

上から見ると後方にボディが伸びていることが分かります。

jyusinnkaku
G400MAX、G425MAX重心角

G425MAXの方が重心角が大きそうです。これはつかまる要素です。

ヘッドスペックは

に対してG425MAXはこうなります。

0.5度アップライトとなりっています。

G425MAXの試打レポートを読んでいると時折でるフック、つかまりすぎるという原因はおそらくこれです。ノーマルポジションではつかまりバイアスがかかっています。

あたりが悪くてもコースでは飛んでいるんですから、G425にG400MAXの安定性がちゃんと発揮されると、大変な武器になります。

そこでカチャ、カチャやってみました。

読者の皆様なら、一か月前に書いた「左からの解放」というジェーソンの記事の紹介記事を覚えていると思います。

そうです。フラットにすれは、左から解放される!

この表を参考に、フラットに変更です。

フラットスタンダードでは、「右の束縛」が待っていました。

ウェイトをドローポジションにすると、右から少し解放されました。

ランチアングルが少し欲しいのとあと少しつかまりを良くしたいので、フラットプラスに、ライ角もフラットスタンダードに比べて0.5度アップライトになるので一石二鳥です。

結果は右に出た球はドローになり、左に出た球はフェードになるという、店長の場合のG400MAX最高球筋が現れてきたではないですか!

スライドショーには JavaScript が必要です。

ウヤムヤだった、G425MAXですが、一気に輝き始めました。

G425SFTがつかまりサイドに大きくポジションチェンジした穴を埋めるように、G425MAXも少しつかまりサイドにポジションチェンジしているのではと感じた店長でございます。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

ランチモニター

G425シリーズが発売。、試打解禁となり、当店においても試打が始まっています。いっぺんに事が押し寄せ、ツアーチャンピオンシップどころではなくなっています。

ベイウエストさんにて第1回目の試打会を日曜日に行いましたが、皆様の反応はいいですね。

以前であれば、他社と比べてのコメントが多いのがPINGでしたが、G425ではG410と比べていいねという、全モデルとの比較コメントが多く、PINGも随分浸透してきたことを北陸の地でも感じます。

その中で、店長はG425MAXを手懐けていません。球筋が作れないでいます。いい当たりは右へすっぽ抜け、真っ直ぐ飛んだのはあまり力強いボールではありません。

しかしながら、あたりが悪いけど飛んでいるねと言われ、確かにボールは飛んでいます。

実は、店長。ランチモニターと相性がよくありません。そこそこの感触では、モニターに映し出される弾道はチーピンのような6.5くらいの(7にならない)弾道です。そこで、実際にラウンドして弾道を確かめるんです。

本日のお客様お二人も、そのタイプ。ランチモニターの結果はよくありません。向きになって打つとスイングに影響するので、コースでの試打をお願いしました。店長も含めて低スピン、ドロー回転の結果が少しどころが、結構悪い結果が出ます。

CG2だけではなくトラックマンもそのような結果になるとお一方はおしゃっておられました。

あと、ついでにショートウッドのショートレングス化の実験も行っています。実際にG425MAX7番をコースにもっていき、使ってみましたが、打ち上げ210をバーディチャンス。お約束通りパーで終わりましたが、かなり戦闘力が高いクラブです。

今度はG425 MAX9番を使ってきてみます。これはツアープロだけにやらしておくのは完全にもったいないですね。店長の感覚では高弾道ハイブリッド、ハイブリッドよりもフェースが薄いのでタフからの抜けは申し分ありません。

ざっと近況をご報告しましたが、本日はこの辺りで…….

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

G425ドライバー その2

今回のモデルチェンジでの目玉は何といってもMAXの復活で、PING G425ドライバーは、安定のMAX、ロースピンのLST、つかまりのSFTという特徴がはっきりしました。

G400MAXにおいても、ほぼ限界のMOIを達成していたようで、G410では発表できなかったようです。それを可能にしたテクノロジーは

 

高比重ウェイトの採用と

ドラゴン・フライ。クラウン・テクノロジーでクラウン部分の厚さを極薄にして、MOI向上のための重量を確保できたことになります。
ドラゴン・フライ。クラウン・テクノロジーはインパクトロフトを増やす効果もあり、低ロフトで高打ち出し低スピンを生み出す効果をも生み出しました。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

Designed to Align

PINGプロービンググラウンドブログが追加されています。

https://twitter.com/PingTour/status/1298306656623828998?s=20

記事の内容は「Designed to Align

Aline は平行または直線になるように線状に並べ、調整する。という動詞ですので訳すと

平行または直線になるように線状に並べ、調整するための設計という意味になると思います。

日本のゴルフ界ではALINEは、BluePrintのpingblueprint1標準グリップであるGolfPride のMCC・アラインMCC-ALINE

このネーミングも平行または直線になるように線状に並べ、調整するという意味が込められています。

このブログを書いたのは

PINGのエンジニアリング部門のバイスプレジデント、ポール・ウッド博士です。

“Designed to Align” の続きを読む

G400MAX+KUROKAGE XD

久しぶりに最強の組み合わせで、ラウンド

それはG400MAX+KUROKAGE XDという組み合わせなんですが、この組み合わせはしっかり飛んでくれます。それを確かめるためにコースで使ってきました。

やっぱり飛ぶんです。その理由は。

 

G400MAXをMAX飛ばすためには、その1

G400MAXをMAX飛ばすためには、その2

G400MAXをMAX飛ばすためには、その3

で書いています。

G400MAXをMAX飛ばすためには、その1では大胆に、たわむシャフトと慣性モーメントの大きい、フェースがたわむドライバーはあまり会わないという記事を書いていますね。実はこの記事は営業さんが試打会でそれほどいい結果が出ないんですよという発言から書いています。すぐにKUROKAGE XDを発注しました。

G400MAXと同時にALTA DISTANZA SHAFTが発表され、なにかおじ様ドライバーのイメージがあるG400MAXです。

シャフト名 ALTA DISTANZA
素材 カーボン
標準クラブ長(inch) 46
フレックス
重量 (g) 40
トルク (度) 5.9
キックポイント

はたしてそうなんでしょう?

 

PING JAPANの作ったプロモーションビデオもこのようにぶれない元を最大アピールしているように感じるビデオです。

一方、USの動画ですが、慣性モーメントの大きさで方向性もアピールはしていますが、此方のほうは18秒からの部分でたわみをアピールしています。

店長の考えるG400MAXの最大の売りは飛距離ではないかと思います。

2つのプロモーションビデオで注目してほしいところがPINGJAPANのこの部分。

ボールがヒットしたことによってフェースがたわむ様子をヘッドの断面図をに色をつけて表現している部分で、これだけ大きくたわむのみかかわらずその変形をヘッドの前方部分だけに抑えて、ボールの衝突によるロスを防いでいます、フェースが大きくたわみながらヘッドがつぶれすぎないという部分だと思います。

つまりたわみによるボールの飛びなんです。この大きなたわみは

大きな慣性モーメントを追求した恩恵であるわけですが、慣性モーメントが大きいという事はヘッドが返りにくいということでもあるんです。

G400MAXをMAX飛ばすためには、その3では下のように書いています。

セカンドマーケットシャフトにおいては、独特のコンセプトを持っているのは三菱ケミカルの「KUROKAGE」「BASSARA」が合うのではと思います。

このシャフトの先端部に金属繊維のシートを搭載し、変形を受けてもすぐに元の形状に戻しパワーをロスしないと説明していますが、復元が速いという事は他のシャフトに比べてスイング中に、ヘッドがあばれず、ヘッドが遅れすぎないでインパクトを迎えます。

BASSARA G(グリフィン)(現在のBASSARA GGシリーズ)が、以前、K15ドライバーの標準シャフトでしたが、G43LITEでもヘッドが遅れることなくスイングについてくるという不思議な感覚でした。クラブフェースが開いてスライスすることがあまりないシャフトでした。

ヘッド形状がK15no流れを持つG400MAXで叩いていきたいアベレージ・シニア・レディスはこのシャフトがお勧めだと思います。

ハードヒッター向けは「KUROKAGE XD」。チタンニッケル(TiNi)シートが2重に搭載されています。

ヘッドの追従性が向上しています。

「XD」は最大の慣性モーメントを持つG400MAXでも叩いてもしっかりヘッドがついてくるシャフトです。

考え方としてG410にフェースたわみが引き継がれるんですが、G400、G400MAXの「FORGED T9S+フェース」が極薄の「FORGED T9S+フェース」となって初速をアップさせているんですね。慣性モーメントがG400MAXが超えることが出来なかったのでG410MAXは実現しなかったのでしょう!

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

ヘッドのたわみを無駄にしないという考え方でUSのツアーレップではPINGPROのドライバーはティップカットをしているのではないかと思っています。そういう意味で三菱ケミカルさんの「チタンニッケル“デュアルコア”」は輝くのではないかと思います。USTマミヤさんのATTAS11もよく似たコンセプトです。今日、ATTAS11と球筋が似ていると思いました。

「頂点の戦いの中で鍛え上げられたその切っ先が、比類なき強弾道をたたき出す。チタンニッケル“デュアルコア”でさらなる低スピンを追及。KURKAGE™を超えるのはKURKAGE™だ。」

というコピーからも鋭さはKUROKAGE XDの方が上なのかなと思いました。

残念ながらBASARA Wは発売中止になってしまいましたが。

 

 

G400MAXのおさらい

何やらきな臭い感じになておりますが、ここでG400MAXのおさらいをしておきたいと思います。2018年1月28日 の 「G400MAXの本気度!」では、慣性モーメント値が9900g・cm2となり、「ゴルフ史上最もブレない」ヘッドが誕生したと書きましたが、それを実現したのは、

このようにタングステンウェイトをヘッドの後方ぎりぎりまで、配置した手法に合ったと書きました。

で、それに続く「G400MAXの本気度2」では

タングステンウエイトをヘッドの最深部ギリギリに配置したことがヘッドの重心位置を後方にそして低くすることにつながります。それが具体的にどういう効果を及ぼすのかを考えて見ましょう

メリット

ミスヒットしたときに分散されるベクトルが小さいのでミスヒットで生じるヘッドを回転させようとする力が小さい。慣性モーメントが大きくヘッドを回転させる力が少ないのであればミスヒットに非常に寛容だと言えます。

デメリット

ドライバーはティアップしたボールを重心より高い位置の打点でヒットすることにより、ギア効果を発生させバックスピン量を減らします。重心深度が深いドライバーでは上の図のようにヘッドを立て回転させる力が弱いためギア効果が少なくなり、浅い重心位置のドライバーに比べてバックピン量が多くなる傾向です。

説明し、それを少しでも小さくするために

重心深度のためにヘッドを縦回転させる力が得られないのであれば、重心位置をこれまで以上に低くしてヘッドを縦回転させるギア効果をこれまで以上に得ようとしました。

G410が発売されてから、G410MAXの発売を期待するお客様の声は大きく、お客様から何回も聞かされました。それだけ、飛んで曲がらないドライバーの支持がつよく、G410の飛びとG400MAXの安定度を併せ持つドライバーが待ち望まれていました。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

 

最近、G400MAXを使用していますがやはり安定度の高いクラブということを実感しております。飛ばなければ、グリーンを狙う時に大きいクラブを持てばいいと思っているのですが、ショートアイアンはピンに絡んでいきますが、長いのはやっぱりずれるのであと10ヤード飛んでくれればいいなぁと思っています。

弾道の高さ(フィッティングインフォメーションから)

2020年8月①のフィッティングインフォメーションにボールをグリーンに止めるために、アイアンの弾道の高さについての重要な情報が出ていたので紹介します。

弾道の高さとその場合の内田資格スピン量、落下角度について紹介されています。面白いのはヘッドスピードが遅いと打出し角が大きく変わらないと弾道の高さに影響しませんが、ヘッドスピードが速いと少しの角度差で弾道の高さが変わります。

高さに影響を与えるものは

①ヘッドモデル

低重心のモデル、フェースがたわむモデルは打出し角が大きく、高重心のものは打出し角が少なくなります。

②シャフト

軟らかく、軽量のシャフトは弾道を高くし、硬く重たいシャフトは弾道を低くします。

③ロフト

ヘッドのロフト角を調整することで弾道を変えることができます。

ロフトを1度立てると、打出し角は0.5度少なくし回転数は200回転少なくなります。

ロフトを1度寝かすと、打出し角は0.5度多くなり、回転数は200回転多くなります。

となります。

弾道の高さからみるとこうなりますが、ヘッドの形状に違和感を感じる人がいたり、スイングがしにくかったりしやすかったりします。

シャフトの重量はスイングに大きな影響を与えますので。弾道を高くしたいが重くしたいというケースが多くあったりもします。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

左からの解放!

左からの解放!というまるで昔の映画のようなタイトルでレポートをかいているのが

PINGフィッティング担当役員でPGAプロのMARTY JERTSON(マーティ・ジェーソン)です。

出場する全米プロの会場でも、PING役員の仕事をしています。

8/5のツィートでは曲がらないG410ドライバーについてつぶやいています。

さて、ハイブリッドに戻ります。ハイブリッドというと時たま出る左へのミスです。左へのミスは弾道が低くスピン量が少ないため、グリーンの左奥に行ってしまい。大きなトラブルにつながります。

店長の感想ではG400シリーズから、打球の方向性はかなり向上し、これまで塚間過ぎてしまったという感触のショットでも、ボールは何とか踏みとどまってグリーンに残るという印象がありました。

G410 ハイブリッドはさらにこの性能が向上しています。

しかし、フラットならライ角をもつ、プレーヤーにとって十分な性能ではありませんでした。フィッティングでも、どのハイブリッドを使っても、油断すると左へ行ってしまうが、これはいかないと注文をいただいたときはうれしかったですね。

過去のハイブリッドは左のミスがあったが、今は全くないと言っています。

ジェーソン自身のリリースパターンに合うようにバックの中のクラブ全体を設定してあるので、自信が増し、最高のゴルフが出来ていると言ってます。

それが、2年連続の全米プロにつながっているようですね。

これがカスタムフィッティングの本質です。ハイブリッドは、ずっと方向性向上させるチューニングをするのが難しいクラブでした。が、G410ハイブリッド3Dフィッティングが登場し、左右のバイアスを調整するための「レバー」(大きな動き)と「ノブ」(小さな改良)ができました。

ハイブリッドの指向性バイアスの最大のカスタムフィッティングレバーは、ライ角です。 G410では、この力を直接お客様やカスタムフィッティングコミュニティに伝えています。

新しいトラジェクトリチューニング2.0スリーブは、ほとんどの場合、左にミスする傾向をフラット設定にすることでなくすことが出来ると言っています。

G410ハイブリッドのロフト角・ライ角の8ポジションのロフトとライ角を示してある表が公表されています。ここが、千鳥の相席食堂なら「ちょっと、待てぃ!」となるところですね。なぜかというとこういう風に公表されていたからです。

ノーマルロフトのライ角から-1.5度までをニュートラル。ノーマルロフトのライ角から-3度から-2.5度をフラットポジションと呼ぶんですね。

PGAツアーの楽しい例を見てみましょう。 2度のメジャーチャンピオンとPINGプロエンジェルカブレラは、G410 17°(2)ハイブリッドを「フラットマイナス」ポジションでプレーしています。このスリーブ設定では、ライ角は標準の「ドット」位置(58.0°)よりも2.5°平ら(55.5°)です。エンジェルが彼の2つのメジャーを獲得するのを見て、彼が小さなフェードまたはカットショットをプレイするのが大好きであることを私たちは皆知っています。

私たちのPGAツアーフィッターが彼のハイブリッドフィッティングを調整していたとき、クラブの方向性バイアスに大きなプレミアムが課されました。多くの場合、高度なフィッターとツアープレーヤーは、ライ角の軌道チューニング調整を使用して、より中心的な接触を実現します。ローンチモニターの測定、インパクトテープ、フェイススプレー、ボールの単純なシャーピーマークなど、これを自分で確認するために使用できるいくつかのツールがあります。

スリーブとライアングルの設定で左右のバイアスが完全に達成されない場合でも、心配する必要はありません。他のオプションがあります。より重いシャフトで最も簡単に達成できるクラブの総重量の増加は、別の優れたカスタムフィッティングソリューションです。以下では、Alta CB 70 StiffからTour 85 Stiffに切り替えると、クラブの総重量が8グラム増加することがわかります。これは多くのように聞こえないかもしれませんが、この追加された重量は、よりオープンなフェイスツーパスを実現するのに役立ちます(左が少ない!)。

より重いシャフトで総重量を増やすと、インパクト時によりオープンなフェースを提供できます
それでも最初の2つのオプションで100%が得られない場合は、スイングウェイトを微調整ノブとして利用することもできます。

スイングの重量、またはクラブの重量の全体的な分布と比較したヘッドの質量の相対的な量を増やすことにより、顔の角度をバイアスして、より影響を与えることができます。
D1からD2のスイングウェイトへの単純な調整は、多くの場合、左のミスを排除するのに十分な微調整になります。ただし、この方法では注意が必要です。バッグに1つのクラブしかないと重すぎると、他のクラブと比べてハイブリッドの感触に一貫性がなくなる可能性があります。セット全体のメイクへの最良のアプローチは全体論的であり、バッグ内の1つのクラブが奇妙に際立っており、劇的に異なるスイングを必要とするわけではありません。

機器をミスから遠ざけることは、大きなフィッティングの承認されていない側面です。
熟練したフィッターがフィッティングの最初に質問し、ゴルフコースの苦痛点を特定します。コースの欲求不満を共有する準備ができているフィッティングの準備をしてください。

G410ハイブリッドを使用すると、マレージングC300フェースを搭載した速いボールスピードに加えて、優れたフィーリング、ゆるさ、最適化されたスピン比が得られます。そして今、あなたはあなたの距離のギャップと左右のバイアスをダイヤルすることができます。

スリーブ2.0で調整できない場合は、シャフト重量によるチューニング及びスイングウェイトによるチューニングをおこなうことで完全なる左からの解放を得ることが出来ます。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

さてジェーソンですが、10オーバーでカットとなってしまいました。来年は更なる武器をもって記録更新となるのでしょうか?

US女子アマでセミファイナルが終了しています。

Gabriela Ruffelsは2and1で血相に進んでいます。