トウんゴルフジャパン

「社内で新しいパターの打音がどう聞こえるかアンケートをした結果『トゥん』が一番多かったのです。『トゥん』押しのグループは、このパターをヒットさせて社名を『トゥんゴルフジャパン』に変えてやると意気込んでいます(笑)」

と岡田副社長談(ゴルフ用品界より)

プロモーションビデオも、PING Golf Japamは音を全面的にアピールしています。店長的には、聞こえ来る音は「コん」です。

一旦、吸い付いたあとそのあとコンと来る感じです。ソフトタッチにはソフトなフィードバック。ハードタッチにはしっかりとしたフィードバックを得ることができます。

ではUSではどうかというと

音のことは言っていないんですね。

よくよく考えると、

音をイメージすることで、ヒットするイメージが沸いてきます。

単にどのように聞こえるかではなく、音の大きさは距離感を出す上で大事です。

その上、二重硬度フェースインサートはロングパットではヒットしたときの手ごたえ(感触)がうれしいですね。

一方で、ショートパットは、転がりすぎるイメージはストロークそのものを萎縮させてしまうので、音が小さく、手ごたえの少ないソフトタッチのほうがしっかりストロークできそうだとと思います。

PING製品のお求めは、

相談・フィッティング大歓迎です。よろしくお願いします。

Sigma2の新長さ調整機能付シャフト?

製品の発表から、もう既に数件のお問い合わせをいただき「こんなこと今までにあった?」と思っているのですが、お問い合わせは打感がどうなのかが関心事になっています。

プロモーションも音に焦点を当てています。それを実現させているのは

この二重硬度のインサートなんですが、それを次回にまわすとして、今日言いたいことは、長さ調整機能付のシャフトです。

グリップエンドに専用レンチを差し込んでくるくる回して長さを変化させます。

詳しい説明は次回に回すことにして、今日言いたいことは長さ調整機能付シャフトに、下のグリップが装着可能になり、

ピストルスタンダードでも長さ調整機能付が可能になったということです。

PING製品のお求めは、

相談・フィッティング大歓迎です。よろしくお願いします。

SIGMA2

イラストレーターの野村タケオさんのブログで「SIGMA2」の発表会の様子を記事にしています。

ソフトフィーリングが支持され、非常に好調なセールスを達成したSIGMA Gでしたが、今度の新しいSIGA2は更にソフトフィール、しかも距離感が合いやすいインサートを採用しています。

USのサイトのキャッチプレースは

Softer Feel. Adustable Length.

日本は「トゥん」だそうです。

店長は「ン、コン」と感じます。

昨日コースで打ちました。本当にソフトなフィーリングなんですが、フェースが柔らかいパターにありがちなボールが前に転がらないということがないパターです。

すぐにフィーリングを掴みました。

SigmaGのフェースはアルミでしたが、これの難点はフェースが角に当たると、凹みができたしまうことですが、PEVAXの二重硬度構造フェースは少なくなると思います。

 

In Gee Chun WIN HANA BANK

お隣の韓国で行われているLPGA KEB HANA BANK CHAMPIONSHIPでPING PROで地元韓国のチョン・イン・ジーが優勝しました。

最終日-6で前日の4位からの逆転優勝です。

LPGAのページをみるとキャリア2勝となっていますが、日本女子オープン、全米女子オープンでの鮮烈なイメージがあるのでこれが3勝目とは思えないですね。

PINGのページをみるとGoldPutterは15となっているのでやっぱり15勝しています。

In Gee Chun

In Gee Chun

Birthdate
August 10, 1994
Birthplace
Seoul, South Korea
Residence
Seoul, South Korea
Gold Putters
15
Turned Pro
2012
Career Highlights
  • Won Evian Championship in 2016, setting the all-time major scoring record.
  • Competed for South Korea at 2016 Olympics.
  • U.S. Women’s Open title one of 8 wins in 2015.

ウェアは&(アンパシー)ですね。北陸ではゴルフ倶楽部ゴールドウインさんでお求めください。エルビーはいつもお世話になっています。

今週はアジア開催

今週はPGAもLPGAもアジア開催です。

男子はマレーシアクアラルンプールCIMB Classic4日目がスタートしています。

PINGPROはウーストハイゼンとオースチン・クックが上位にいますが、最終日は伸ばしあいとなっています。現在のところTOPは-23アンダー優勝には-25は要りそうです。

上位のPING PROの二人のフェアウェイウッドは偶然にも

  • Address view of G400 Stretch Fairway

    G400 Stretch3 Strong 3W

G400のフェアウェイウッドの仕様をみてみます

CLUB LOFT LOFT ADJUSTABILITY LENGTH AVG LIE HEAD SIZE SWING WEIGHT
★STD
3-Wood 14.5° ±1° 43” 56.0° 181cc D1
5-Wood 17.5° ±1° 42 1/2” 56.5° 169cc D1
7-Wood 20.5° ±1° 42”i 57.0° 155cc D1
9-Wood 23.5° ±1° 41 1/2” 57.5° 152cc D1
★SFTEC
3-Wood 16.0° ±1° 43” 56.5° 187cc D0
5-Wood 19.0° ±1° 42 1/2” 57.0° 178cc D0
7-Wood 22.0° ±1° 42” 57.5° 171cc D0
★Stretch
3-Wood 13.0° ±1° 43” 56.0° 193cc D2

ハードな印象を受ける印象の数字が並んでいます、ロフトが13度でスタンダードに比べて1.5度も立っているし、スイングウェイトはD2です。

しかし、ヘッド体積が10C以上大きいですので、その分後方に重心があるので上がりやすいフェアウェイウッドです。

女子はお隣韓国LPGA KEB HANA BANK CHAMPIONSHIPです。

此方のほうは昨日いい位置につけていた、

PING PROのチョン・イン・ジーが9番を終わってトップに立っています。

チョン・イン・ジーのセッティングは非常にオーソドックス一般の男性には選考なるのではないでしょうか?

面白いのは、DRとFWのシャフトは50g台のSシャフトですが性格の違うシャフトを選択しています。
メーカーの資料によると、「ツアーAD IZ」はヘッドの性能を生かせるしなやかな動きと、インパクトの強さを実現しているとのこと。シャフトの先端側の強度を上げることで、インパクト時のエネルギーロスを最小限に抑え、強く打ち出せるそうだ。中間部分はしなりを感じられ、タイミングの取りやすい挙動を可能にしたとなります。

一方EVO5は、「Speeder EVOLUTION Ⅱ」以降、歴代モデルに使用しているこの世でもっとも硬い超高弾性炭素繊維「90tカーボン」を「Speeder EVOLUTION Ⅴ」にも採用。また、東レ社製の高強度炭素繊維「T1100G」も使用して、ボール初速と加速感を最大化し、フジクラらしい強烈な弾きを表現した。さらに、設計自由度を最大限に上げる特許技術「MCT」、シャフトの無駄な動きを抑制する「アウター バイアス テクノロジー」などのテクノロジーで、ねじれとしなり戻りを一体化させることに成功。Speederらしい弾き感を維持しながら、抜群の振りやすさ、安定感を実現した。

なっています。

店長がドライバーでEVO6 Sを振ると走り感を感じるますがIZは左に行かないシャフトに感じますが、しっかり打ち込んでいくFWには走り感をもとめ、G400MAXのヘッドには安定感のあるIZとしているんだと思います。

ドライバーはアッパーに振っていますがFW・HY・IRはしっかり上から入れています。上から入れてもボールをしっかり捉えてくれるシャフトが合っているようです。

  • G400 max driver sole view
    G400 Max
    @7.7°, -1°, 45.25″, Tour AD-IZ 5S, tipped .50″, D1+, 3 g toe, 3 g face, Tour Velvet 60R logo down
  • Sole view of G400 Fairway Wood
    G400 Fairway
    3W
    14.5°@13.6°, -0.6° setting, Speeder EVO 5 569 Stiff, tipped 0.5″, -0.25″, D0, Tour Velvet 60R logo down
  • Sole View of G400 Hybrid
    G400 Hybrids
    3H, 4H
    19°, 22°, PING Alta CB Stiff, std length, D0, Tour Velvet 60R logo down
  • cavity view of i210 iron
    i210 Irons
    5-PW
    Nippon 950-R, D1+, Tour Velvet 60R logo down
  • Glide 2.0 Stealth 54/SS Wedge
    Glide 2.0 Wedges
    50/SS, 54/SS, 58/TS
    Nippon 950-R, std length, D2, D4, Red CC, custom grinds,Tour Velvet 60R logo down
  • Vault 2.0 Dale Anser face view
    PING Vault 2.0
    Dale Anser
    34″, 20° lie, 3° loft, PP60 Black/Red

PING製品のお求めは、

相談・フィッティング大歓迎です。よろしくお願いします。

PGA top-10 longest hitters

ライビングディスタンスのTop10の使用するドライバーについて,お馴染みのGolfWRXがまとめています。

こうしてまとめられるとわかりやすいですです。

ドライバーのヘッドメーカはテーラーメイドとPINGの2社しかありませんでした。

シャフトメーカーは三菱ケミカルが4人で1位、Accraが2人、ツルーテンパーが2人、Fujikuraが一人、TPTが1人と多くのシャフトメーカがある中で、こんなに偏っているとは思いませんでした。

シャフトの長さはバッバが44.5インチと一番短く、マキロイの45.625が一番長くなっており、45インチ~45.25インチがスタンダード平均のようです。

スイングウェイトはマキロイのD8が一番重い設定となっています。シャフト長が長いのでウェイトが重く出るのは当然ですが。0.5インチで3ポイント弱変化すると思いますのでヘッド重量はかなり重いものを使っているのではと推測できます。これだけ長く、重いクラブを振ることができるマキロイのスイングのよさがこの結果なんだと思います。

それにしても三菱ケミカルさんのシャフトの使用率が高いですね。本当ににビックリです。これはツアーだけの数字なのか、それとも欧米のマーケットもそうなのかちょっと知りたいですね。

ニットキャップ

台風25号が急に寒い空気を運んできました。

ニット帽をお考える季節がやってきました。

2018年のPINGのニット帽はこの二つ

です。どちらもアクリル100%です。

ちょっと、女性には?ですので、

ORIZURUのハンドニットのニット帽の製作をお願いしています。

これは昨年のORIZURUニット帽、ベビーアルパカを使用した本当に暖かい帽子です。今年はどんな帽子になるのでしょうか?

ORIZURUさんからは、「英国羊毛100%のニット帽」とだけ聞いています。出来上がったらUPしますので楽しみに。

お求めは、

アイアンシャフト考3

アイアンシャフト考2では、プレシジョンがステップのないシャフト、ライフルを発売したというところまで書きました。

このシャフトはちょっと人気があったように記憶します。ステップがない利点は均一なしなりです。ステップによるエネルギーのかたよりがありません。

しかし、プレシジョンはツルーテンパーに吸収されてしまいます。ツルーテンパーでは現在「PROJECT X」「PROJECT X LZ」として生き残っていて、ツアープロにも使用者がいます。

製法の難しさからかスチールシャフトとしては高額なシャフトです。

PINGのカスタムオーダーのオプション料金は「PROJECT X」で4,800円。「PROJECT X LZ」で6000円となります。Tour ISSUEの次に高額なスチールシャフトとなります。

次は開発者について書こうと思います

PING製品のお求めは、

相談・フィッティング大歓迎です。よろしくお願いします。

PGA TOURにあの男が帰ってきました。

Safeway Openが終了しました。優勝はプレイオフを制したケビン・ツエィ選手初優勝です。

キャメロン・チャンプのPGATOURシード取得もうれしいのですが、ずっとからのPINGファン、マニアはあの男のカムバックが何よりもうれしい出来事です。

かってはそのスイングが多くのプロに憧れられ、正確なショットを武器にトッププレーヤーとしての地位を得ていましたが。

ライダーカップのあの1打が引き金となって、彼のショットが狂い狂い始めました。なんでもないチップでしたが、ライダーカップの重圧がのしかかりました。

試合でもみたくもないようなシャンクやざっくりでシードを落としました。

“PGA TOURにあの男が帰ってきました。” の続きを読む