G400MAX+KUROKAGE XD

久しぶりに最強の組み合わせで、ラウンド

それはG400MAX+KUROKAGE XDという組み合わせなんですが、この組み合わせはしっかり飛んでくれます。それを確かめるためにコースで使ってきました。

やっぱり飛ぶんです。その理由は。

 

G400MAXをMAX飛ばすためには、その1

G400MAXをMAX飛ばすためには、その2

G400MAXをMAX飛ばすためには、その3

で書いています。

G400MAXをMAX飛ばすためには、その1では大胆に、たわむシャフトと慣性モーメントの大きい、フェースがたわむドライバーはあまり会わないという記事を書いていますね。実はこの記事は営業さんが試打会でそれほどいい結果が出ないんですよという発言から書いています。すぐにKUROKAGE XDを発注しました。

G400MAXと同時にALTA DISTANZA SHAFTが発表され、なにかおじ様ドライバーのイメージがあるG400MAXです。

シャフト名 ALTA DISTANZA
素材 カーボン
標準クラブ長(inch) 46
フレックス
重量 (g) 40
トルク (度) 5.9
キックポイント

はたしてそうなんでしょう?

 

PING JAPANの作ったプロモーションビデオもこのようにぶれない元を最大アピールしているように感じるビデオです。

一方、USの動画ですが、慣性モーメントの大きさで方向性もアピールはしていますが、此方のほうは18秒からの部分でたわみをアピールしています。

店長の考えるG400MAXの最大の売りは飛距離ではないかと思います。

2つのプロモーションビデオで注目してほしいところがPINGJAPANのこの部分。

ボールがヒットしたことによってフェースがたわむ様子をヘッドの断面図をに色をつけて表現している部分で、これだけ大きくたわむのみかかわらずその変形をヘッドの前方部分だけに抑えて、ボールの衝突によるロスを防いでいます、フェースが大きくたわみながらヘッドがつぶれすぎないという部分だと思います。

つまりたわみによるボールの飛びなんです。この大きなたわみは

大きな慣性モーメントを追求した恩恵であるわけですが、慣性モーメントが大きいという事はヘッドが返りにくいということでもあるんです。

G400MAXをMAX飛ばすためには、その3では下のように書いています。

セカンドマーケットシャフトにおいては、独特のコンセプトを持っているのは三菱ケミカルの「KUROKAGE」「BASSARA」が合うのではと思います。

このシャフトの先端部に金属繊維のシートを搭載し、変形を受けてもすぐに元の形状に戻しパワーをロスしないと説明していますが、復元が速いという事は他のシャフトに比べてスイング中に、ヘッドがあばれず、ヘッドが遅れすぎないでインパクトを迎えます。

BASSARA G(グリフィン)(現在のBASSARA GGシリーズ)が、以前、K15ドライバーの標準シャフトでしたが、G43LITEでもヘッドが遅れることなくスイングについてくるという不思議な感覚でした。クラブフェースが開いてスライスすることがあまりないシャフトでした。

ヘッド形状がK15no流れを持つG400MAXで叩いていきたいアベレージ・シニア・レディスはこのシャフトがお勧めだと思います。

ハードヒッター向けは「KUROKAGE XD」。チタンニッケル(TiNi)シートが2重に搭載されています。

ヘッドの追従性が向上しています。

「XD」は最大の慣性モーメントを持つG400MAXでも叩いてもしっかりヘッドがついてくるシャフトです。

考え方としてG410にフェースたわみが引き継がれるんですが、G400、G400MAXの「FORGED T9S+フェース」が極薄の「FORGED T9S+フェース」となって初速をアップさせているんですね。慣性モーメントがG400MAXが超えることが出来なかったのでG410MAXは実現しなかったのでしょう!

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

ヘッドのたわみを無駄にしないという考え方でUSのツアーレップではPINGPROのドライバーはティップカットをしているのではないかと思っています。そういう意味で三菱ケミカルさんの「チタンニッケル“デュアルコア”」は輝くのではないかと思います。USTマミヤさんのATTAS11もよく似たコンセプトです。今日、ATTAS11と球筋が似ていると思いました。

「頂点の戦いの中で鍛え上げられたその切っ先が、比類なき強弾道をたたき出す。チタンニッケル“デュアルコア”でさらなる低スピンを追及。KURKAGE™を超えるのはKURKAGE™だ。」

というコピーからも鋭さはKUROKAGE XDの方が上なのかなと思いました。

残念ながらBASARA Wは発売中止になってしまいましたが。

 

 


コメントを残す