Designed to Align

PINGプロービンググラウンドブログが追加されています。

https://twitter.com/PingTour/status/1298306656623828998?s=20

記事の内容は「Designed to Align

Aline は平行または直線になるように線状に並べ、調整する。という動詞ですので訳すと

平行または直線になるように線状に並べ、調整するための設計という意味になると思います。

日本のゴルフ界ではALINEは、BluePrintのpingblueprint1標準グリップであるGolfPride のMCC・アラインMCC-ALINE

このネーミングも平行または直線になるように線状に並べ、調整するという意味が込められています。

このブログを書いたのは

PINGのエンジニアリング部門のバイスプレジデント、ポール・ウッド博士です。

ポールはツイッターで「適切なパターを選択することは困難です。これにより、オプションを絞り込むのが少し簡単になりますか?それは啓発的な研究プロジェクトでした。」と書いていますのでフィッターは読んでおかないといけません。店長もフィッターの端くれですので読んでおきます。
皆さんも、直接読むのもいいし、店長が健忘録みたいな記録として各ブログを読むと参考になるかもしれません。例によって、英語が全く苦手な店長はグーグル君に翻訳の大部分を任すことにします。
整列するように設計
ポール・ウッド博士
パッティングは、多くの点で、ゴルフの最も簡単なスキルです。良いパターになるには、パットの最初の方向を制御する、速度を測定する、グリーンを読むという3つの基本的なスキルがあります。私たちの会社は、慣性モーメント(寛容)を高め、センターヒットに近い速度でセンターから離れたヒットをサポートするために、パターヘッドの質量を広げるという基本的なエンジニアリング原則に基づいて設立されました。最近では、当社のTR Faceテクノロジーがパターのフェース全体に均一な速度応答を与えることにより、距離制御を強化するのに役立ちました。スピードコントロールでプレーヤーを助ける多くの技術があります。
(HEPPLERではTR FACEがなくなったんですが、どうしてもFACE面に溝を作ると打感が柔らかくなるので、HEPPLERでは採用されませんでしたが、ソリッドな打感を犠牲にしないTR FACEができると採用されるのかもしれません。)
非常に興味深い課題は、パターがプレーヤーが意図したラインでボールをより一貫してスタートさせるのにどのように役立つかを理解することです。プレーヤーが異なれば、ヘッドの形状や位置合わせ機能も異なります。これは必ずしもアドレスが完全に正方形の配置であることを意味するわけではありません。世界で最も優れたプレーヤーのほとんどでさえ、アドレスの配置に偏りがあります。意図したスタートラインにあわせる能力を測定する必要があります。パターの形状、色、特徴がどのようにアライメントに影響するかを理解するこの分野は、エンジニアリング、心理学、生理学の一部です。アイトラッキンググラス(プレーヤーの視線がパッティングストロークの前、最中、後のどこに焦点を合わせているかを正確に伝える)などのツールを使用し、この興味深い分野を深く掘り下げるために、フィールドの学術専門家と協力して、研究を強化しています。
(ゴルフクラブは工芸品・美術的要素が強いものとあくまでもエンジニアリングにこだわるというスタートラインがことなる2つの分野がありますがPINGは徹底的に、カーステンの時代から後者ですね。)
私たちは、特定の配置機能でうまく機能するプレイヤーを分類するために使用できるいくつかの一般的なルールを特定することを目的とした調査を行いました。さまざまな形、サイズ、色、配置の合図のパターを試すよう、大勢のプレーヤーに依頼しました。次に、「クラスター分析」と呼ばれる手法を使用して、類似した好みとパフォーマンス結果を持つプレーヤーをグループ化しました。たとえば、最適なパターアライメントアーキタイプの点で「ジョン」は「ジェーン」に非常に似ていることを識別します。これらは同じ「クラスター」にあります。私たちが発見したのは、大多数のプレーヤーが、アラインメントに使用する主要な機能に基づいて4つの異なるアーキタイプに分類されることです。
(新しい製品を生み出すためにはリサーチが重要ですし、そのデータをどのように読み取るかがカギとなるんですね。)
4つの原型
アライメント原型1
Alignment-Archetype-1
トップレールを主な調整機能として使用するプレーヤー
上部のレールを位置合わせ補助として使用するプレーヤーは、通常、この垂直位置合わせ機能とその後ろの小さな線をペアにします(左側の2つのパターに示すように)が、単純なドットを好むか、まったく何もしないこともあります。多くの場合、プレイヤーは非常に「クリーンなトップレール」が好きだとコメントします。パターのその他のラインやシェイプは、このゴルファーの気を散らすものと考えることができます。
(アライメントを補助するラインは多くはなくフェース面からつづくトップレールのみを利用してアライメント行うプレーヤーですね。店長も実はこのタイプ。長いサイトラインなどはストロークをするときに邪魔になってしまうタイプです。)
(上の図のように赤い部分でアライメントしているタイプです。)
アライメント原型2
Alignment-Archetype-2
「ボールを組み立てる」機能を使用するプレーヤー

このプレーヤーのグループは主に、平行線やボール幅を離したり、上に示したフェッチパターの中央にある穴などのある種のオプティグラフィック形状などのボール幅調整機能を使用しています。 一部のブレードには、Voss(上記)のように、ボール幅の位置合わせ線もある場合があります。 このプレーヤーは、「このパターがボールを非常にうまく組み立てる」などの言葉をよく使用します。

(これらのパターンの中央の穴やキャビティ部分はボールの大きさに合わせております。

店長の解釈はこのような感じとなります。ツーパターはこの代表格と言えるんではないでしょうか?人ぞれぞれの組み立て方がありますので、プレーヤー自信が最適となるパターを選出することが大事です。アライメントアーキテクトタイプ3と共通すると思うんですがボールのターゲットにアライメントの要素が伸びているタイプと思います。)

Alignment-Archetype-3

ロングアライメント機能を使用するプレーヤー

ボールまで行くアラインメント機能
ボールまで行くアラインメント機能

この最後のプレーヤーグループは、ボールまで伸びる位置合わせ機能を備えています。 多くの場合、このプレーヤーは、上部レールが実際の位置合わせの邪魔になるとコメントします。 数年前に行った調査の結果、これはパターラインのサービスが行き届いていない領域であり、上記のデザインの多くに直接つながりました。

 

(このグループはフェース面まで伸びる中央のサイトラインとボール幅のクラウン形状でトップラインレースがない形状。ボールを置いて構えたときに強力なアライメントが構築されます。店長の場合、複雑なものがないほうを好むんですが、アライメント原型3よりも構えやすくなります。人間の持つ感性は複雑です。)

長年にわたって、特定のパターが単に「自分の目を合わせる」理由を多くのプレーヤーがあまり考えていないことがわかりました。 これらの4つのアライメントアーキタイプのどれを最もよく識別するかについて少しプロンプトを出すだけで、多くのゴルファーがパター囲いで自分の選択を絞り込むのに役立ちます。 私たちの調査によると、プレーヤーがパターを簡単に並べることができるとプレーヤーが認識した場合、通常はパフォーマンスが向上します。 この領域では、プレーヤーは自分の感覚を信頼することに自信を持っているべきです。

プレーヤーが彼らのパットを簡単に並べることができると感じたとき、彼らは通常、より良いパフォーマンスを持っています。

多くのプレイヤーは、複数の配置アーキタイプに慣れています。 実際、多くのパターデザインは、これらのタイプの機能の2つまたは3つを満たすことができます。 一連のパターを設計するとき、私たちのチームは、各整列アーキタイプ、すべてのストロークタイプ(ストレートバックストレートからストロングアークまで)、および安定したショートパッティングを支援するためのヘッドウェイトの範囲に合わせて、さまざまなパターを提供しようとします または巧みなラグパッティング。

多くのゴルファーにとって、パターの囲いを訪れることは、圧倒的なパタースタイルの選択肢がいくつもあるため、圧倒される可能性があります。 この記事を読んで、あなたに最適な配置のアーキタイプを見つけ、それを残りのフィッティング要素と組み合わせて、最終的にベストを尽くすことができることを願っています。

ポール・ウッド博士
エンジニアリング担当副社長
ポールは、クラブ設計、製品開発、革新、テスト、プロトタイピング、製造エンジニアリングを担当する部門を調整します。 スコットランドのセントアンドリュース大学で応用数学の博士号を取得した後、2005年にPINGに入社しました。 彼は研究技師としてのキャリアを開始し、ボールの飛行の物理学、クラブとボールのインパクト、およびゴルフ科学の他の多くの側面を研究しました。 彼は、iPINGとnFlightの両方のフィッティングツールを作成したチームの一員でした。

(スイングタイプ(ストレート・セミアーク・アーク)とテンポと重量、ライ角、シャフト長だけではなくアライメント原型によるフィッティングはプレーヤーのパッティングの向上に役に立つと思います。これまでただ何となく構えやすい。打ちやすいと言ってきたものが見えてきました。多くの人にこれを知ってもらうために、つたない解釈ですが紹介しました。)

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

 


コメントを残す