PING NEWS No.216

PING NEWSが届きました。

クリックすると大きい画面が表示されます。

散々、G400MAXとパターのことを書いたので、アイアンを書きます。

チャンプは、i500 #4 と iBlade #4をバッグに入れています。i500は中空構造で反発力が高いので調度一番手分飛ぶと思いますが、具体的にどうしているのでしょうか?

いつものようにPING PROのページで調べます。 
  • cavity view of i500 iron
    i500 Iron
    4 iron
    Two options: +1/2″, 19.5˚ loft, or standard length, 20˚ loft, KBS C-Taper 130X, D3, Lamkin Black 58R +5 RH, +7 LH
    なんとi500は2種類持っているようです。
    一つは
    半インチ長く19.5度のi5004番アイアン
    もうひとつは
    スタンダードレングスで20度のi5004番アイアンです。
    i500SPEC 
    19.5度はパワースペックのロフト1/2ストロングです。20度は1/4ストロングロフトより少しだけストロングですね。
    iBlade SPECです。
    これをみると、スタンダードレングス20度は38.88で20度ですから調度iBladeの3番アイアンをカバーしていることがわかります。
    一方、+0.56インチ 19.5度は、38.88+0.5=39.33インチでロフトが19.5°、反発力が高いことを考慮に入れると2番アイアン相当になっているのではと推測できます。ロフトを立てているため若干ネックがグースになってボールが捉まえやすくなっていると思います。
    この2本をコースによって使い分けているのですね。

キャメロン・チャンプ は2番、3番アイアンをi500にして、高いボールで攻めるようにしていますが。

われわれであれば、4番、5番、6番をこのように考えてもよさそうです。

PINGのカスタムオーダーではロフト、ライ角、シャフトレングス、スイングウェイトを指定できるので是非トライしてみてください。

因みに店長は

GMAXの4番を1/2ストロングにして、0.5インチ長く、スイングウェイトを下げて使っていました。ちょっとフェースが大きいのでラフからの抜けになんがありましたが、i500であれば問題がなくスィートスポットはGmaxより広くオフセンターヒットでも、ボールの曲がりは少ないですね。

気がつくと、PINGNEWSには全く書いてはないことを書いてしまっていました。

PING製品のお求めは、

相談・フィッティング大歓迎です。よろしくお願いします。


コメントを残す