ニーマン初優勝!

 

ホアキン・ニーマンが初優勝しました!

PING PROが2人もGolfDigest.comの記事を紹介しましたが、まさかの2019-2020年開幕戦でもう当ててしまいました。恐るべき位の的中です。

PGA TOUR にデビューして上位の成績もあったのでいつ優勝するのかという状態でしたが、最終日伸ばしきれなかったりしていましたが、今大会では63のビックスコアをたたき出して優勝です。

使用クラブは

  • Sole View of G400 LST driver
    G400 LST Driver 10° Std. position, 45.25″, GD DI 7-X, tipped 1″, D4+, Golf Pride TV 58 Rib
    ※このドライバはまだ使用者が多いと思います。振っても左に行かない。ボールも上がるのでキャリーが出ます。使用シャフトはTourAD DIフェード系のシャフトととG400LST10.5との愛想はいいんじゃないかと思います。
  • G410 Fairway 3W Graphite Design DI 8-X, tipped 1″, 43″, D3+, Golf Pride TV 58 Rib
  • Sole View of G400 Hybrid
    G400 Hybrid 19° 39.75″, PING Tour 85g-X, D2, Golf Pride TV 58 Rib
  • iBlade Iron Cavity View
    iBlade Irons 4-9 Project X 6.0, -1/4″, D1,  Golf Pride TV 58 Rib
  • Glide 2.0 Stealth 60/TS Wedge
    Glide 2.0 Wedge 46° Project X 6.5, Golf Pride TV 58 Rib
  • cavity view of Glide Forged wedge
    Glide Forged wedges 52°, 56°, 60° Project X 6.5, D2, D3+, D4+, Golf Pride TV 58 Rib
    ※ニーマンはどちらかと言うと飛ばすというより、ショートゲームが得な選手アイアンよりウェッジのシャフトを硬くしています。しなりによるヘッドの向きのばらつきを排除しているのでしょうか?タイガーはウェッジのシャフトを柔らかくしているといいますが、ニーマンは逆です。動画でアプローチを見ると、手首のアクションが大きいのでボールをフェースにフワッとのせています。ミケルソンがなかなかPGAで勝てませんでしたが、スタッツをみると30ヤードは上手いのですが、課題は20ヤード以内です。
  • PING Vault 2.0 Putter Dale Anser Platinum, 36″, 21° lie, 4° loft, PP58 Midsize Full Cord

    フィッティングはこちら

    PINGクラブのお求めは

    をお願いします。

本日は12時から午後4時までベイウエストさんで試打会です。ぜひご参加を。

TOP10には

Harris English、Nate Lashley、Sebastian Muñozの他の3人のPING PROも入っています。

PING PROが2人も

2019-2020シーズンにPGAツアーで勝つと予想する7人ということで

フィナウと

ニーマンの二人のPING PROが選ばれています。

そのほかに

松山選手!

店長の個人的にはスイングの好きな

フリートウッド

さて、GolfDigest.comは何人当てることができるのでしょうか?

2019ソルハイムカップ

今年は米国と欧州が対決するライダーカップがある年ですが、米国女子と欧州女子が対決するソルハイムカップが開催させる年でもあります。

PINGの創業者カーステンソルハイムがカップを寄贈したことでソルハイムカップとなったこの大会。前回大会は米国が勝利しましたが、今回はどうなるのでしょうか?

出場選手を見ると、ちょっと盛り上がりに欠けます。

男子の場合は、強い選手が米国と欧州に集中していますが、女子はアジアの選手が抜けてしますこの大会は、迫力に欠けてしまいます。

 

TOUR Championship

マキロイの優勝でTOUR Championshipが終わりました。これでマキロイも年間王者も獲得しました。

今年から新システムでしたが、メジャーの優勝こそなかったもののTPC、カナディアンオープン、ツアーチャンピオンシップで優勝し年間3勝なので順当だと思います。

PING PROではフィナウが7位、

ウーストヘイゼンが21位タイ


コナーズが26位タイです。

21時間前にUSが認識しました。

21時間前、ようやくUSが認識したようですよ。(笑)

さわやかな笑顔!

HIGUCHIHISAKO
SHIBUNOHINAKO
おーっ、母音の違いはCHIとNOだけだ。道理で同じ音に聞こえるはずだ。

SHIBUNO

3日目ハイライト

渋野ハイライト

前半、なかなかパットが決まらない展開でしたが後半パットが決まりだすと一気にスコアを伸ばし2位のブヘイに2打差の14アンダーで首位に立ちました。

みんなのゴルフダイジェストにコーチの青木翔プロが渋野プロのパターの練習について書いています。もうひとつ。ショットに関してはこれ。結局頭の位置の管理です。ジャックニクラウスがコーチに髪の毛をつままれて練習したのと同じです。

そんな、渋野プロのパターを支えるのは

装着グリップは

です。

ドライバーは

G410Plus10.5度

シャフトは

Speeder EVO Ⅴです。

PINGクラブのお求めは

をお願いします。

ケプカと下位選手の違いからスコアを作るには?

以下はWGCの上位4人と下位3人のバーディ以上とボギー以下を集計したものです。

ケプカ -16 バーディ以上21 ボギー以下5

シンプソン バーディ以上18 ボギー以下6

リーシュマン -12 バーディ以上22 ボギー以下9

フリートウッド -11バーディ18 ボギー以下6

ホーマ +12 バーディ12 ボギー以下16

ブラッドリー +12 バーディ11 ボギー以下20

トゥエィ+17 バーディ10 ボギー以下24

こうして見てみると、上位は沢山バーディを取ったというより、ボギーにしなかったとスコアカードからいうことができます。もちろんショットの出来がボギーにつながるんですが、ケプカの今週のスクランブリングは91パーセント、最終日は100パーセントです。

驚異的なリカバリーによって、優勝を手繰り寄せているんですね。

実は、ボギーがなければ勝てるのがゴルフ。それを得にジュニア達には口すっぱく言っております。但し、消極的に安全にパーを狙いに言ってもアンダーにはなりませんので、ピンを狙ってグリーンを外しても、寄せることが肝心です。

先週の中部ジュニアでの三宅くんのスコアカードです。1日目前半をイーブンで折り返したあと、グリーンにのらないゴルフが続きますが、2オーバーでしのぎました。その流れを受けて2日目は3バーディー1ボギーで2アンダー、後半2オーバー、トータルイーブンで日本ジュニアをの出場権を得ました。

中学までは陸上競技がメインで、高校からがゴルフ。2年ちょっとで日本ジュニア出場権できたのは、この基本がきちっとできているからです。

大試合ではやっぱりケプカ

集中力が増すのでしょうか、メジャーや準メジャー、WGCではめっぽう強い。

タイガーもそういうところはありましたが、それ以外の試合も強かった。

これだけ強いとタイガーのようなブームになってもおかしくないのに、そこまではないですね。やっぱり、ケプカ。凄いね、タイガーの違いだと思うんですか店長の好みでしょうか?

全英オープン

3日目が終わっています。

首位はシェーン・ローリー。後半5バーディで一気に16アンダーで2位のフリート・ウッドに4打差をつけました。ローリーは安定しています。ボギーフリーのラウンドです。

フリート・ウッドもナイスラウンドなんですが、

ローリーが上を行きました。

もう一人のWOODである我らがリーですが、前半3連続バーディで一気にトップタイに立ちましたが、10番でティショットをブッシュに打ち込み、アンプレヤブルでボギーとして流れが止まりました。-8で6位タイです。

ピンプロでは

フィナウが上位にいます。

全英オープン!(ウッドとウッズ)

全英オープンの2日目が開催されています。名前に「Wood」が入っている選手は5人出場しています。

Chris Wood

Gary Woodland

Tiger Woods

Tommy Fleetwood

Lee Westwood

です。

予選カットが+1と予想されておりタイガーは1日目を取り戻すことができずに残念ながらカットです、クリス・ウッドも難しそうです。ウッドランドはまだ2日目があります。

イングランドの○○○○woodの二人が今のところ7アンダーの3位タイで仲良く並んでいます。

 

フリートウッドのスイングはスイングはいつ見ても素晴らしいですね。店長の憧れですが、どうしても体系からかスイングはリーのようになってしまいます。

いつメジャーを獲っても不思議ではないといわれてきたリーにとって今回はチャンスです。取ってほしいですね。リーのクラブを見てみますとi210のUWを2本入れています。ノーマルのUWと53度のUWです。(以前にも紹介しました。)

よくよく見ると、凄くこだわったというか意外性にとんだセッティングです。

使用しているアイアンシャフトはPING JZ Stiff。

  • cavity view of i210 iron
    i210 Irons
    4-UW
    #4-9 Std, PW +1/4″, UW Std., PING JZ Stiff w/Cushin stepped 1 strong, D1, PING ID8 White 1/2 Cord
  • cavity view of i210 iron
    i210 Wedge
    UW
    53°, -1/4″, D4+ PING JZ Stiff w/Cushin, Lamkin Crossline Full Cord 58 Rib +2 wraps
  • cavity view of Glide Forged wedge
    Glide Forged Wedge
    60/8
    PING JZ Stiff w/Cushin, stepped 1 strong, PING ID8 White 1/2 Cord +2 wraps
    BANK OF PUTTERさんによると

重くて柔らかいシャフトそれにクッシンインサート(10g)を二つ入れているということは結構シャフトが重たいがしなるシャフトということになります。スタンダードのUWと53度のUWを間違えないようにだと思いますが、グリップを変えているのも面白いですね。