日本だったらどうだろう?

絶妙のバランスといいますか、なかなか考えさえられる記事です。

ファンとしては非常にうれしいことです。

要は社会に受け入れる素地があるのだと思いますね。

昨日の記事で、スイングプレーンに前腕のらないお悩みがあるとのコメントを裏の方でいただきましたが、絶対に乗らなければならないかといいますと、乗らなくても問題がありません。

クラブの先から肩関節を結んだ線とアドレス時のシャフトの線の間にあればOKです。できれば、肘とボールを結んだ線の間に合った方がいいとは思います。

ボディのターンを腕によって伝えるんですが、左は肩関節、右は右肘がその役割をします。その間にシャフトがなければターンではない力の使い方をしていることは明らかですね。

肘がスイングプレーンから外れても、戻せる人はいいのですが簡単なのは蓮さないことなんですが、この本に両上腕を胸筋で寄せるだったかな?という表現があるはずで、スイング中それができれば乗るはずです。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

キャンペーンはここ

お問合せはお気軽にどうぞ。

なお、ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

Geometrically Oriented Linear Force

「Geometrically Oriented Linear Force」とう言葉は「The Golfing Machine」の表紙を開いたとことに書いてある言葉です。

グーグルで訳すと「幾何学的に方向付けられた線形力」と訳されますが、力は直線であるというか、1方向であるということです。円運動だから丸ぁーるく振ろうとすると曲線的に力をかけようとしますが、実は支点があって、ある部分に対して直線的に力がかかって一方が支点ですから動きませんので、結果的に物体は回転するわけです。

さて、シャローイングは右なのか?左なのか?で引用させてもらったこの画像、PING PRO キャメロン・チャンプのリリース時の画像です。

見事にボール右人最指の付け根、ヘッドが一直線になっています。この時点で掌の面はスイングプレーンに直角に交わっているんですね。

右手人差し指の付け根が対峙だということは、知さんの動画を見てね。

ということで、支点である左手小指から3本の指(PP1)と力点である右手人差し指付け根と作用点クラブがを結ぶ直線の延長線がボールを通っているので、このまま梃子が作動すると、必然的にボールに当たるということで、何の調整力を必要とせずに体から出力させる力がすべてインパクトで使われるといっていいと思います。

ではどうすればそうなるのかといいますと

手は何もしないと教えてくれています。ボディーのターンではなく手で行おうとすると、右手のひらが、ずっとスイングプレーンの面と一致した状態で降りてきますので、力の向きは違う方向に向いていますね。

力を無駄にしない方法が身についていないと、どのように力を発揮してもそれを発揮できません。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

キャンペーンはここ

お問合せはお気軽にどうぞ。

なお、ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

 

Charles Schwab Challenge

本来、今日から行われるはずだった「Charles Schwab Challenge」(6月11から開催)に参加資格があるPingProのリーウェストウッドが、出場しないというニュースが流れてきました。今シーズン調子がいいので楽しみでしたが、仕方がありません。

昨年の優勝者はWAKING IN PUTで有名なケビン・ナ

2位にはPingProのトニー・フィナウという試合でした。

コロナでトーナメントが止まって最初のPGAどうなるんでしょうか?

 

PINGの購入は↓こちらをクリック!

キャンペーンはここ

お問合せはお気軽にどうぞ。

なお、ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

口コミの力

カーステン・ソルハイムの哲学において、口コミの力に言及しています。

ゴルフビジネスにおいて口コミという手法は非常に大きな宣伝効果を持つと言っています。しかもそれはプロによる口コミでなく、あなたの友人とのプレーにおいての口コミです。PINGのクラブがよければ、友達も使いたくなるという戦略です。

そのためにはPINGのクラブの性能だけではなく、フィッティングも重要なのです。

昨年は、渋野プロが、ほぼ無名の状態から全栄女子オープンのタイトルを取りました。ものすごいインパクトがあり特に使用パターであるSIGMA2 ANSERは爆発的な打ヒットとなり、今でもヘッドの供給が受注に追いつきません。

渋野プロ以前に渋野プロと同じようにPINGのクラブを使って大センセーションを起こしたのは

Dalyでしたが、その後、PINGとの契約を終了しています。

カーステンは基本的に口コミを重視しているということなんだと思います。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

キャンペーンはここ

お問合せはお気軽にどうぞ。

なお、ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

PING MAN からスイングを考える

人間のスイングから考えられたのが「PING MAN」であって、「PING MAN からスイング」を考えるのは、どう考えても本末転倒なんですけど。

ちょっと、お付き合いください。

PING MANのスイング軌道はインパクト付近においては緩やかになるということは、下手な図形からお分かりいただけたと思います。

PING MANのクラブ軌道の図に人をつけたしました。正面から見た図なのでこんな風になるはずです。

ここから、発想を飛ばして、視点を情報に位置させてみましょう。

イメージですので細かい事はなしで、でも、こんな感じになると思います。

スイング軌道が緩やかになるということは直線に近い動きをするんです。つまり、正しいスイングをすると、インパクト付近はほぼ直線軌道になるということになるんですね。フェースがほぼスクエアのままです。

今日はPING PROのJEFF MAGGERTのスイングを参考にしてください。

カメラの位置が後方上からなので分かりやすいと思います。インパクト後、クラブヘッドがすぐに左に抜けるんではなくてボールを追いかけるように動いているのが分かると思います。これは非常に重要なんです。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

キャンペーンはここ

お問合せはお気軽にどうぞ。

なお、ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

 

いろいろなCMがある~。

いろいろなCMがある~。ということで

このCMを見た後に

これと

これは頭に入っていきません。

鉄腕アトムが頭の中でヘビーローテーション。

フィッティングはこちら

PINGクラブのお求めは

をお願いします。

Bubba Watson WITB 2020 その2 からの

あと、ウェッジの紹介を残すのみとなって終わってしまった前回の続きです。

ウェッジに行く前にもう少しアイアンのお話を

cavity view of S55 iron

S55 Irons
3-PW
True Temper DG X100, +1/2″, custom lofts/lies, D4, PING 703-Gold +13 LH, +11 RH set 10° open
赤字の部分ヘッドを10度開いて組立てられているってことだと思います。
ほとんどのショットがスライスで、ドローを打つときもスタンスの向きが右を向いているので、バッバにとってはそれがスクエアなんでしょうね。
さてウェッジです。

使用するウェッジはGLIDE2.0で前のモデルです。バッバのことですから、GLIDE3.0は多分、スピンがかかりすぎるから使えないなんて言っているのかなと思っています。

スピンがかかりにくいクラブでもスピンを得ることができるプロにとってはそうなのかもしれませんが、店長なんかはGLIDE3.0のしょうが断然やさしく使いやすいと思います。

そういえば、愛プロもGLIDE3.0はスピンがかかりすぎるのでフィーリングに合わないといって、GLIDE2.0を使っています。愛プロといえば

「明治安田生命レディス ヨコハマタイヤゴルフトーナメント」が中止となった影響で、大会を放送するテレビ東京で解説予定だった岡本綾子プロとの対談番組チェックしないと。

フィッティングはこちら

PINGクラブのお求めは

をお願いします。

Bubba Watson WITB 2020

マスターズ以後のスケジュールのキャンセルも発表された一方で、延期されたマスターズの開催が10月になるのかもという噂が出ていますが、公式に発表されていませんので、どうなるのかは今のところ闇の中です。

PINGPROでマスターズ2回優勝のバッバのセッティングをGOLFWRXが取り上げました。内容はPINGのページで発表されているものと変わりませんがが、写真があるので改めて紹介します。

GOLFWRXから
Driver: Pink Bubba Ping G410 Plus (9 degrees @ 6.8, 3g toe, 6g face, weight in neutral)
Shaft: Grafalloy Bi-Matrix X AKA Project X Bubba Watson Prototype

ウエイトをトウに3g、スタンダードポジションに6gに装着して、ほぼてってき的にフェードで攻めるバッバにコントロールしやすいしやすい仕様になっています。

GOLFWRXより、5-wood: Ping G410 (17.5 degrees @ 15.5)
Shaft: Project X Evenflow Black 6.5 (tipped 1.5 inches)

昔はヒメネスがFW,ウエストウッドがアイアンを変えないことで有名でしたが、今はその立場の人間と言えばバッバとなっています。

Irons: Ping S55 (3-PW, set 10 degrees open) Shafts: True Temper Dynamic Gold X100 (+1/2 inch) per Ping, Watson no longer has the iBlade in his bag

iBladeもBluePrintも使いましたが結局S55です。iBladeとBluePrintは油断しても曲がりませんが、S55は油断すると曲がるクラブです。つまり操作性がいいクラブとなります。バッバが困るのは曲がらないクラブなんです。

 

フィッティングはこちら

PINGクラブのお求めは

をお願いします。

 

i210「おいしいところが真ん中過ぎて」←わかります~。

試打ラボしだるTVです。

2:37あたりからの「おいしいところが真ん中過ぎて」わかります~。この表現。ひねくれものの店長なんかは、何かじゃじゃ馬的なところ、尖っている部分を求めたいんです。言い訳のために。

フィッティングすると、アベレージ以上であれば、高い確率でそうなるのですが、際立ったところが欲しかったりするんですが、しっかりまとまっているということになります。

日向子プロ、愛プロ、真美子プロだけではなく。

先週のハットン、ウェストウッドなど男子の一流プロもi210.

ウエストウッドは以前はロフトの違うUWを2本入れていましたが、GOLFWRXのWITBを見てみるとアイアンは3I~9I、PW,UWとなっていますが、

GOLFWRXより

を見てみるとアイアンだけで12本入っています。練習ラウンドでこの中のからチョイスして試合に臨んでいるということになりそうです。なるべくならグリーンを狙うショットは調整なしに打てればいい方ということですが、そうなるとドライバーの飛距離は一定ということになり、改めてツアープロの凄さを感じます。

フィッティングはこちら

PINGクラブのお求めは

をお願いします。

Tyrrell Hatton’s winning 2020 Arnold Palmer Invitational & PING NEWS

Tyrrell Hatton’s winning 2020 Arnold Palmer Invitational

いゃー、今年のベイヒルは難しかった。優勝スコアが-4、アンダーパーが4人。まるでUSオープンのような様相です。

強風とタフなセッティングでスコアが伸びませんでした。ハットンも3日目4日目はオーバーパーです。

最終日、唯一の60台はPINGな人Matt Fitzpatrick。予選通過で最下位はPING PRO Rob Oppenheim 初日69からの78、83、83は悪夢でしょう。松山が「あきれてしまう」とのコメントを出していますが。オッペンハイムは何もかもが上手くいかなかったんだと思います。

さて、ハットンのセッティングは

  • sole view of 12 degree G410 Plus Driver
    G410 Plus Driver
    @8.4° flat -, 44.75″, Mitsubishi Diamana RF 60-TX, tipped 1″, D0+, GP MCC Plus 4 Grey/Orange 60R +1 wrap, logo down
  • G410 Fairway
    7W
    20.5°, 40.50″, Mitsubishi Diamana DF 80X, GP MCC Plus 4 Grey/Orange 60R +1 wrap, logo down
  • cavity view of i210 iron
    i210 Irons
    4-PW
    4-9 -1/4″, 1/8 club strong, Nippon Modus 3 Tour 120-X, D1, GP MCC Plus 4 Grey/Orange 60R +1 wrap, logo down
  • Glide 3.0 50/SS cavity
    Glide 3.0 Wedge
    50SS
    35.5″, Nippon Modus 3 Tour 120-X, D4, GP MCC Plus 4 Grey/Orange 60R +1 wrap, logo down
  • PING Vault Putter
    Oslo
    32.50″, 19.5 lie, 2.5 loft, PING PP58 grip
    とオーソドックスなセッティングです。詳しいセッティングはこちら
    ドライバーとフェアウェイウッドのシャフトの重量差は約20グラム7番ウッドなので順当です、ドライバーはミスヒットのブレに負けないようにティップを1インチカットしています。
    アイアンのシャフトはMODUS3TOUR120Xでプロとしては柔らかめです。
    PING NEWSも来ています。
  • クリックするとPDFが表示されます。

フィッティングはこちら

PINGクラブのお求めは

をお願いします。