G430 LST(ロースピンテクノロジー)は実はスピンが増えている。

以下はG430LSTの説明です。

「クラウンに軽量カーボン素材を採用。
強弾道&低スピンでさらに遠くへ。
クラウンからソールまでの形状を改良。クラウン部分に軽量のカーボンを
採用し、ブレない低スピンを生む”激飛G430LST”

クラウン部分のカーボンは8層構造。軽量化とともに、
余剰重量を最適な箇所に配置。これまでで最もブレないヘッドへ進化。

440ccの小ぶりで操作性のあるヘッドが、超極薄の反発フェースと
理想の低重心設計により、強弾道&低スピンで最大飛距離を生み出す。

初搭載の「スピンシステンシー・テクノロジー」で上下のミスヒットでも
最適なスピン量と弾道で最大キャリーを実現。」

これを、読んでスピンが多くなっていると思うひとはいないと思います。

昨日はスコアを崩してしまっった、蝉川に関する記事

の下に抜粋した部分は真実が書いてあります。

「以前のドライバーは、G425のLSTでした。しばらくは満足している様子でしたが、日本オープンの2週間ほど前、「たまに右に滑るというか、スピンが少ない感じの球が出るのが気になるんです」と連絡があって、「それなら新しいG430を試してみようか」となりました。430シリーズは、性能的に少しスピンが入るので、「もしかしたら右へのミスがなくなるかもね…」とテストしたところ、実際に200回転ぐらいスピン量が増えて、右へのミスも消えました。打音に関しては、425よりも静かに、こもった音になったのが好印象らしく、「G400と似ていますね。気に入りました」とは本人の感想です。」

ちょっと、びっくりすると思います。件名の「G430 LST(ロースピンテクノロジー)は実はスピンが増えている。」というのは本当の話なんです。

店長の感想も同じで、G430LSTはG400からの進化で、一番近い感覚はG400MAXかなと思っています。少しだけボールが逃げるような感覚は同じです。しかしながら、G400MAXに比べて飛距離が出る。

G430MAXは、G425またはG400からの進化だと思います。

ヒューストンオープンで優勝したPINGPRO フィナウは

G425 LST9度です。ロフトを7度にして使っています。G430にチェンジしないでいるのはスピン量が増えるんでしょうね。

 

 

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

G430LSTがG400MAXの挙動と似ていることから、G400MAXで使っていたシャフトを引っ張り出してきました。数発打ってみたんですが、いけるんじゃないかと思いました。機会があれば紹介したいと思います。


コメントを残す