Tony Finau PLD ANSER2D

2018年にPINGと契約したFinauですが、PINGフリークの皆様であれば、ご存じと思いますが、ずっとピレッティのパターを使用していました。

それはGOLF.COMのこの記事からもわかるように、ピレッティのパターを使いたいという彼の希望で契約の中にパター無しの契約をしたからでした。

しかしながら、PINGはフィナウのパターの使用をあきらめていたのではなく、フィナウにとっていいパターを提供する努力をしていました。

PingのシニアデザイナーエンジニアであるTonySerranoが先頭に立ってANSER2Dを開発し、FinauはついにAnser 2Dを使用し、昨年の3MOpenでほぼ即時の成功を収めました。

※PLD ANSER2D : おそらくPLD ANSER2パターの幅を大きくしたANSER2タイプのパターと思われる。2021 パターのKUSHINE4の大ヒットから想定するともし市販されるとなると、大ヒットするのではないかと思われますね。

GOLF.COMの記事によると、ハワイの前に仕様の変更を行わなかったFinauですが、新しいグリップを装着したパターを持っていったとのことですが、昨年のOosthuizenの使用した, Stability Tour shaftのようにFinauのパッティングSTATSを大きく向上させることが今年も起きるかもしれません。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i210i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。


コメントを残す