i210 vs i500 (店長編)、i210が大健闘!

KBS TOUR90 Sシャフトがどうも合いそうなことがわかったので、どうせなら打ち比べてみようということで、i500のヘッドに装着打ってみました。

KBS TOUR 90 Sの心地良いしなりを感じて、1球目からナイスショット!

キャリー151ヤード、トータル155ヤードと十分すぎる結果です。

ん!?

あれっ、i210 に装着したと同じくらいじゃないの?

ということでまた打ってみました。何球か打って平均はi500とほぼ同じです。しかも、弾道は高い。

i500と同じだけ飛んでいる~。どうして?若いときの飛距離を取り戻すi500と同じくらい飛んでいます。実は若返ったか身体が~

しかも、i500のヘッドのロフトはパワースペックロフト。それに対してi210 のロフトはスタンダード。29度にたいして、33度。(どうしてだ~)

よく数字をみると、ボールの初速がi210 の方が出ています。

という事はあの現象。i500ヘッドとKBS TOUR 90 Sの組み合わせではボールの衝撃をシャフトが吸収して、インパクト時にフェース面のたわみに使用するエネルギー吸収している可能性がありそうです。

参考1:ヘッドが先か?シャフトが先か?ヘッドのたわみから考える。
参考2:G700に見るメタルウッド的構造(番外編)

逆にi210では、シャフトが上手く仕事をしているようです。

当たり負けしないシャフトが見つかればこの数字は変わる可能性があり、あくまでも店長ではこういう結果が出たということなので、万人に通用することでは有りません。

ただ、日曜日のフィッティングにおいて、他のヘッドの結果が余りに出なかったのでG700+KBS TOUR90Sで進んでいたフィッティングだったんですが、シャフト選定まで終了して、結果がいいのであれば、グースの少ないアイアンということだったので、i210にKBS TOUR90Sを装着して打っていただくと全てが覆ってしまったんです。

そうなんです。実はこの日、店長だけではなかったんです。

話は私に戻りますが、i210 の方が打ち出し角が高くスピン量が多いので、ロフトを立てても大丈夫なようですのでPowerSpecを選択すると、i210に軍配が上がりそうですね。

PING製品のお求めは、

相談・フィッティング大歓迎です。フィッティングはご予約制となっております。よろしくお願いいたします。


コメントを残す