こういう方法があったのか?オールドPINGパターのリシャフト。

パターヘッドの重さ

のリシャフトについて書きましたが、ジャパンリペアに確かめてみると、やっぱり鋼球によって圧着されているようです。鋼球に圧着は2007年ごろまで採用されており、リシャフトの際にはUSまで送りレーザーで行います。

確か、えっ、っていうような抜き方があったはずとHPを探してみると、コース設計家の迫田耕氏のHPにその情報がありました。

以下引用

別枠 パターのシャフト交換
ピンパターのシャフト交換は固定方法が特殊な為プロショップでも
困っていた。今回、メーカー工場での製造工程と抜き方を取材してきたので、
参考にして欲しい。
 ピンアンサ開発当時は現在のように優秀な接着剤がなかたので
シャフトに穴を開けてシャフトと直行するピンでヘッドと接合した長い
ホーゼルによって接合面積を確保したりする方法が一般的な方法であった。
カーステン氏はヘッドの重量配分に影響が少なく十分な強度を確保する
方式を開発し、パターヘッドとシャフトの接合方法に採用した。
 シャフト先端(ティップ)内径より僅かに径の大きい鋼球を予めシャフトに
入れておき最初はシャフトだけをヘッドに叩き込む。次にシャフトより細く
長い鋼棒を使って、今度は鋼球だけをシャフト先端まで叩き込む。
このようにすれば、ネックの長さは鋼球の直径以上は必要なく接着剤も不要
である。(実際、工場では現在も接着剤は全く使われていない)
 さて問題はリシャフトする時のシャフトの抜き方だがアリゾナの工場では
レーザー光線を使って鋼球を粉砕しシャフトを引き抜く工法を使っているが、
一般のプロショップやアマチュアには、金属の熱膨張利用した方法がある。
ネック部分を予め十分熱しておき、シャフト端部から冷水を注ぎ込んで鋼球と
シャフトを熱収縮させる。と同時に一気に引き抜くやり方で、接着剤を一切
使わないからこそ可能な方法であろう。 余談だが、タッチの柔らかさで
クラシッククラブの中でも
人気の高
、アンサースコッツデールモデル
のロングスッテップシャフトは、多くのバリエーションがあるが、一番多い
のはアイアン用のシャフトをそのまま
装着した物であるらしい。

当時弱小メーカーだったピン社のためにパター専用のシャフトを作って
くれるシャフトメーカーなど無く、プレーヤーの要求に合わせて硬さを調節
したいカーステン氏にとって、残された唯一の方法だったのだろう。
中にはドライバー用のスチールシャフトを切って使用している物もあるという。
般的に35インチを標準長として計画された米国のパターを短くすれば
バランスが軽くシャフトが硬く感じるのは当然で軽くて柔らかいドラバー
用のシフトに変えることによって、柔らかいタッチが得られるではないかと、
密かにリシャフトを企んでいる。引用終わり

早速抜いてみます。

バーナーと水を使って簡単に取れました。と言っても2回シャフトの外に水が流れてしまい失敗しております。3回目はしっかりシャフトの中だけに入れるといとも簡単にシャフトが抜けました。(この方法はあくまでも自己責任でお願いしますヨ。)

入れるシャフトはクラッシックパターのフィーリングのよさはアイアンシャフトを使用したことにあるとのことなのでリシャフトして抜いてあったDGS200を使用しました。

今度は接着剤で接続し、私において最もイントウインのストロークとなる34.75弱にカットしグリップを装着しました。

グリップはパター全体が軽いので、SuperStroke カンウンターコアテクノロジーのグリップにしました。


コメントを残す