G430各モデルの性格(特徴)

G430コース試打、2回目で分かってきたことを書きたいと思います。

今回のモデルチェンジは打感や音に注目が集まっていますが、モデルの球質が変わっています。

MAXはG425の場合、MAXはどちらかというとセンターより右へのボールが多くリリース付近で、フェースが勝手に閉じる音がなかったので、店長の場合は、コントロールが容易なクラブでしたが、G430はドローバイアスが強く、店長の意図より早くターンするので、油断するとボールがつかまりすぎてしまいます。

これまで、PINGのドライバーはつかまりにくいと感じていた人は、自然にターンするようなので、お勧めです。

一方、LSTは打ち分けできるクラブでしたが、G430では、センターから右へのボールがほとんどです。店長にとっては非常にコントロールしやすいクラブなまりました。

インパクトのイメージはフェースがやや閉じてあたるのが、上のMAX、フェースの向きがキープされてインパクトするのが。LSTです。

スイング的にはフェースの開閉を自らおこなうタイプにはMAX、フェースのターンを自然に任せるタイプはLSTとなっています。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

同時にi230もコースで打ってきましたが、ちょっとわかってきたことがありました。これについては次回以降に書きたいと思います。


コメントを残す