渋野、再びならず。

全英女子オープン。力が入りました。

優勝は、渋野が優勝した時の同組のブハイ選手見事でした。

PING PRO チョン・イン・ジーもメジャー連勝まであと一歩でした。

渋野は1だ、足りませんでしたが、まだまだ余裕のあるゴルフに見えました。

そんな渋野選手のパッティングを支えたのは、

PLDMILLED DS72です。

スペックは、ヘッドは市販ヘッド、ライ角:ORINGE シャフトレングス:33′ グリップは:PP58 BLACK/BLUE MID

ずっと、SIGMA 2 ANSERでしたが、マレットに変更です。ANSERタイプからマレットへの変更ですが、もともとSIGMA2 ANSERはサイズが大きいので、いうならばANSERらしくないでANSERなので、PLDMILLD DS72とフィーリング的には違和感がないのではないかと思います。だた、今回削り出しパターとすることで、距離感が確実良くなっていました。

中継では、微妙なタッチも決めていました。欧米のグリーンの傾斜は強いので、インサートではない削り出しのDS72にするメリットは大きいと思います。

PLDで特別に製作されるヘッドではなく市販のヘッドで戦う渋野選手は輝いていましたね。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

削り出しヘッド
特徴と魅力

 


コメントを残す