単純に幾何学的にボールの位置を考察してみよう!

さて、ボールの位置は右か左か?

何故、右なのかということですが、

右にボールを置き、ショットをすると、スイングの弧が前後しますので、ボールをコンタクトする高さが大きく変わります。

一方左にボールを置くと、頭がどちらに動いても、やや、トップ気味にボールにコンタクトするだけです。

そうすることで、頭の高さが変わらなければ、ダフリません。どちらかというとミスはトップばかりとなります。

ダフリが怖いですが、思いっきりダフるように打ってもらいました。

かなり手前からクラブは入っていますが、スーッとグライドしていきます。(グライドウェッジだけに)ボールを右に置くと、お決まりのざっくりくらいの手前です。

ウェッジのタイプはSSで、SSはヒールリリーフが効いていますので開かなくてもしっかりバンスが効きます。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i210i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。

 


コメントを残す