ヒッターorスインガー

スインガーとヒッターという2種類のスイングの方法のせつめいは、スインガーはロープをたどるようにうつ、一方、斧を使うように打つのがスインガーと言われています。

リーンブレイクが両方のスイングをしていますが、指をくるっと、回しているのがスインガーで右腕をシュッと伸ばしているのがヒッターのスイングです。と言われても違いは、なかなかわからないと思います。

室内で、まずはヌンチャクみたいなものを取り出し左手で、インパクトバッグを叩きつけます。それがスイングです。

次にはクラブで右手でたたきます。これがヒットです。

リーン・ブレイクがスイングを左手で行っているから、左手メインでボールを打つのがスインガーで、右手でヒットしているから、右手でメインでボールを打つのを行っているのをヒッターであるという論調を目にしますが、これは正しくはありません。右で振っても、グリップエンドを方向に力をかけるのがスイングで、シャフトに対して90度に力をかけるのがヒッティングです。

分かりますでしょうか?

分かったような、わからないような、明確にはわかないけれどもフィーリングはわかるのではないかと思います。

この動画はわかりやすいと思います。字幕も出るのでもっとわかりやすいですね。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i210i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

楽天:納期情報

Yahoo!:納期情報

本日は多くの人に試打会に参加いただきありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げます。

実はSPEEDER NX という新しい技術が出現し、渋野選手が使い始め、日本の試合に出始めたら、不調が嘘のように調子を上げ始めてきました。それでヒッターとスインガーのことをまとめなければいけないと思っていましたが。

まとめるより早く、優勝してしまいました。渋野選手は新しい技術が出現した時に活躍する運の強い選手なんです。明日はこのことを詳しく書こうと思います。

 

 

 


コメントを残す