ANSERタイプとマレットタイプでは重心位置については、フェース面から大きく違いがあります。

ましてや、重いタングステンウエイトがヘッドの後方にも配置されているハーウッドでは大きな違いになり、ストロークにも影響が出るのではないかと思い、実験をしてみました。

まずはiPINGを使って2021PUTTER ANSER2でストロークを計測しました。最初にしっかりグリップをホールドしてのストロークで比較しました。

2021 ANSER2
2021PUTTER ANSER2 2
2021PUTTER HARWOOD 1

ハーウッドでは、後方に重心があるのか、きちっとホールドしているつもりでも、ばらつきます。

次に、自然なストロークで比較します。クラブの動きに合わせてストロークします。グリップを緩く握るだけですが、手首はロックします

2021PUTTER ANSER2 3
2021PUTTER ANSER2 4

グリップをホールドした時に比べて、インパクトのロフトが一度多くなりました。
2021PUTTER HARWOOD 3
2021PUTTER HARWOOD 4

ハーウッドの場合は、約3度増えています。これにはびっくりしました。道理で標準のロフトでは転がらないはずです。

ホームコースでのラウンドでは、堀田プロだけはぼーるがのびていたので、きちっとしっかりグリップをするタイプは当てはまりませんが、ナチュラルな振り子で打つひとはロフト角をすくな目にした方が良さそうです。ただし、日本では2度までとなります。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i210、iBladeBLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

楽天:納期情報

Yahoo!:納期情報


コメントを残す