PINGアイアンのロフト角

今日はPINGのアイアンのロフト調整についてお話します。

PINGのアイアンはオーダー時もしくは修理でロフト角を調整できます。

よく、PINGのアイアンはステンレスだからライ角やロフトは調整できないと勘違いされている方がいますが、ちゃんと曲げことが出来ます。金属はゆっくり曲げると硬化するんですが、PINGではガンガンと衝撃を与えて曲げます。

標準ロフトのほかに7つのロフトがある思っている人かなりのPINGマニアですよ。

通常のロフト調整のロフトは

1/2 ストロングロフト(1番手大きいクラブとの標準ロフト差の1/2ロフトを立てる)

1/4ストロングロフト(1番手大きいクラブとの標準ロフト差の1/4ロフトを立てる)

1/8ストロングロフト(1番手大きいクラブとの標準ロフト差の1/8ロフトを立てる)

1/8ウィークロフト(1番手小さいクラブとの標準ロフト差の1/8ロフトを寝かす)

1/4ウィークロフト(1番手小さいクラブとの標準ロフト差の1/4ロフトを寝かす)

1/2ウィークロフト(1番手小さいクラブとの標準ロフト差の1/2ロフトを寝かす)

です。

ちょっとややこしいですね。

何故このような方式を採用しているんでしのさ各番手の飛距離を全番手同じ距離伸ばしたいときに、

番手間のロフト差が3度、4度。5度が存在するアイアンセットで、すべての番手で1立てたとすると、

3度のギャップでは、番手間の距離の1/3,

4度のギャップでは、番手間の距離の1/4,

5度のギャップでは、番手間の距離の1/5なります。

番手間距離か15ヤードとすると、5ヤード、3.75ヤード、3ヤードとなります。

つまりは、それぞれの番手で同じ距離分増やすことが難しいと言う事になるんですね。その点PINGの方式では同じ分距離が伸びます。

パワースペックロフトは、ロングアイアンの距離が伸びるようにロングアイアンを多めにロフトを立てています。

実は、結構問い合わせて多いのは、PWで48度となるクラブを使いたいという、問い合わせがあります。ツアーでも4ウェッジが主流となっていますが、PWが48度の場合、それより下のウェッジを2本手組むことが出来るので、ショートウッド、ハイブリッドの性能が上がっているので、合理性が高い考えと言えます。

ストッピングパワー3を参考にしてください。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i210、iBladeBLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

楽天:納期情報

Yahoo!:納期情報


コメントを残す