慣性モーメントを知ろう。

慣性モーメントを知ることが出来るスポーツと言えば、やっぱりフィギアスケート!下は浅田真央さんのスピンを集めた動画ですが、回転の中心から手や足を遠ざけると回転が遅くなり、回転の中心に置くと回転が遅くなることが分かります。

回転の中心から離れたところに手や足を置くときは、慣性モーメントが大きい状態、回転の中心に手足を置くときは慣性モーメントが小さい状態となります。

トウとヒールにタングステンウェイトを配置したANSER2は慣性モーメントが大きく、ノーマルは慣性モーメントが小さいと言えます。

それぞれのパターのグリップエンドを指でつまみ、揺らせて、その動きを比較しました。やはり、慣性モーメントの大きいワークスのパターの方がスイング中のヘッドターンが少なく姿勢が安定していることは一目瞭然です。

店長が2つをコースで使用してア違いを感じたことは、ショートパットのミスが少なくなるということと、ロングパットの距離感がよくなるの2点です。もちろんパターはよく入ったんですが、読みやアライメントが悪いと入らないことになります。また、ノーマルに比べるとつかまりが悪くなるので、ロングパットでは少し左にターゲットをとるようにしないといけません。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i210、iBladeBLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

楽天:納期情報

Yahoo!:納期情報

となります。


コメントを残す