WRX PING 市場認識度は最低レベル

ひょんなことから、私の手元に来ましたこのパター。

クラシックモデルのANSER2でしょ

この段階でズバリ回答を引き出した人はかなり鋭い!

 

だって、市場の認識度を試すために中古ショップに査定をお願いしたら、丁寧に本部まで聞いてもらって4,000円ポッキリでした。なるほど、相当なマニアではないと知らないんですね。

簡単に行ってしまえば、改造したただのANSER 2ですから、クラシックアンサー2だけど、ちょっとは査定を高くしないと怒られそうだから2倍くらいにというところでしょう。でも改造したのはPING WRXです。

タングステンウエイトを埋め込んだ時に段差ができるのでミーリング加工しているのか、フェース面はミーリング加工してあります。ただ大きく打感が変わるほど深いミーリングではなく細かいミーリングで平面精度を上げるための加工だと思います。

正面から見ると、オーバルタイプのタングステンウェイトが埋め込まれているのが分かります。

 

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

では、打感はどうよってことになるんですが、全体的にはしっかり感があって、PINGの営業さんがANSERで初めていいと思いましたというくらいいいんですが、慣性モーメントマジックのご多分に漏れず、タングステンなしのANSER2の芯で打った時の感触に劣るんです。

但し、一応に同じインパクトになるので縦距離のばらつきはと方向性のばらつきも極端に少なくなります。

 


コメントを残す