G425MAXドライバー考察5

慣性モーメントが大きいドライバーが苦手なが結構いらっしゃると思います。

自分が動かそうと思ったところにヘッド来てくれない。だから小顔のドライバーをチョイスして、自分で弾道を作っていくんですが、そうはいってもミスがミスにならないというのは魅力です。

慣性モーメントが大きいと回転がしにくくなるんですが、逆に、いったん回転してしまったら止めにくいということでもあるんです。スイング中のヘッドの加減速によって、クラブの運動が発生しますが、動きすぎてしますと、もはやコントロールできません。

このように大きな力がかかりクラブ向き変わる動きが発生した場合は、そのように動こうとします。それが望む動きであればいいのですが望む動きでなかった場合、その動きは起こってほしくない訳です。

上の図のように、インパクト直前に大きな力が発生すのが分かりましたが、その動きが過ぎるものであった場合、その動きを抑制したいわけです。

しかも、その動きが起きる時はその力の方向とシャフト軸線がほぼ直角になっているときですので、シャフトはその力を受け止めることが出来ずに、クラブヘッドに動きの自由を許してしまうわけです。そうやって、クラブフェースが左を向く状態が作られ、ひっかける、ロフトが立ち低いボールが打ち出されるというわけです。

慣性モーメントの大きさが、その慣性モーメントの大きさゆえにゴルファーの制御下から、外れてしまうわけです。

そのため、シャフトメーカ各社は強いティップのシャフトを打ち出しているのですね。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。

 

 


コメントを残す