トウんゴルフジャパン

「社内で新しいパターの打音がどう聞こえるかアンケートをした結果『トゥん』が一番多かったのです。『トゥん』押しのグループは、このパターをヒットさせて社名を『トゥんゴルフジャパン』に変えてやると意気込んでいます(笑)」

と岡田副社長談(ゴルフ用品界より)

プロモーションビデオも、PING Golf Japamは音を全面的にアピールしています。店長的には、聞こえ来る音は「コん」です。

一旦、吸い付いたあとそのあとコンと来る感じです。ソフトタッチにはソフトなフィードバック。ハードタッチにはしっかりとしたフィードバックを得ることができます。

ではUSではどうかというと

音のことは言っていないんですね。

よくよく考えると、

音をイメージすることで、ヒットするイメージが沸いてきます。

単にどのように聞こえるかではなく、音の大きさは距離感を出す上で大事です。

その上、二重硬度フェースインサートはロングパットではヒットしたときの手ごたえ(感触)がうれしいですね。

一方で、ショートパットは、転がりすぎるイメージはストロークそのものを萎縮させてしまうので、音が小さく、手ごたえの少ないソフトタッチのほうがしっかりストロークできそうだとと思います。

PING製品のお求めは、

相談・フィッティング大歓迎です。よろしくお願いします。


コメントを残す