渋野日向子×SIGMA2=ツアー勝利

渋野日向子×SIGMA2=ツアー勝利と方程式を大一面に出しております。

女子でパットといえば愛プロだったんですが、日向子プロは現在平均パット数1位と愛プロを抑えています。

それは、SIGMA2を投入して伽離間があるようになった

音、打感、TR溝が距離感を作り出します。

リーもSIGMA2で復活優勝しました。

店長もFETCHが一番好きですね。

PINGクラブのお求めは

をお願いします。

最近、Sigma2が凄いんです。

昨年の夏、SigmaGがモデルチェンジするって聞いた時は

「SigmaGは良く売れているのに何で~。」っておもいましたよ。

Sigma2、発売当初はそんなものかな~でしたが、SigmaGより評価を確実に受けているように感じます。

スタジオのグリーンで

転がしても、

やたら距離感が会う。

秘密はTR溝とこのインサートか?

すっきりしている長さ調整機能もいいし

パターが問題のリーが復活優勝したんだし。

機能だけを考えると、VAULT 2.0 越え。

もっと本格的なゴルフシーズンが始まるともっと人気出そうですね。

PINGクラブのお求めは

をお願いします。

SIGMA2試打クラブ

昨年、新発売となったSIGMA2パターですが、試打パターの準備が整いました。

通常試打パターはPINGですのでANSERなんですが、ちょっと変わったパターをと思って「FETCH」をお願いしました。(と書いたところでSIGMAGはKUSHINCだったことを思い出しました。(笑い))

何故、「FETCH」をお願いしたのかというと

これです。

ここ数年のリーはいいところまでいくのに最終的にパットで崩れるというのがパターン化していましたが、このパターを使い復活優勝!試合を見ているとスムーズにストロークしています。

このパターの特徴は、まっすぐに、とにかくまっすぐにテークバックを取りやすいんです。

私もそうでしたが、パターで悩む人は、まっすぐテイクバックできないことに悩みます。

パターにはアライメントのラインがしっかりありますが、丸とラインが溶け合います。

フェースが合って、真ん中の穴の部分が一番低くなりヘッド後方のフランジが高くなっており、振り子の軌道がイメージできます。

多分、それらが自然とテイクバックするイメージを引き出しているのではと推測しています。

ぜひ、お試しください。

相談・フィッティング大歓迎です。フィッティングはご予約制となっております。よろしくお願いいたします。お電話でもご相談対応いたします。

PINGクラブのお求めは

をお願いします。

SIGMA2 TYNE4

SIGMA2シリーズの中にはアークタイプのパターが2種あります。そのうちの1つがマレットタイプなのにアークストロークのTYNE4です。

SIGMAGではなかったマレットアークタイプが復活して登場しました。

このパターの特徴は四角!

PING製品のお求めは、

相談・フィッティング大歓迎です。フィッティングはご予約制となっております。よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

SIGMA2 MODEL COMPARISON

PING ヨーロッパのツイートから、拾って来ましたこの画像。

横軸はブレード、ミッドマレット、マレット縦軸はスイングテンポでヘッド重量で配置されています。ブレードは350g、ミッドマレットは360g、マレットは365g以上です。

分かりやすく分類しています。

ところで、マレットはどういう意味って調べたら、「木槌」でした。

Sigma2 ALBAさんの記事から

ALBAのサイトに「PING『SIGMA2』パターを発表。音が“トゥん”は本当なのか!?【記者の目】」という記事があります。この記事の中に

「通常はボディがくり抜かれたものにインサートをはめ込むが、『シグマ2』はヘッド下部のステンレスが取り去られている。その分、慣性モーメントも2%アップし、下部ヒットの際の打感の向上にもつながるとか。」

とあります。図解してみました。

通常のインサートであれば、下の図のように当たった場合、急に打感が硬くなります。しかしSigma2で有ればインサートでヒットしますので、大きく打感に変化がないということになりますね。

11月11日に花里ゴルフさんで試打会を行いますので体験してください。

試打会の問い合わせ←こちら 電話は←こちら

PING製品のお求めは、

相談・フィッティング大歓迎です。よろしくお願いします

 

リーがSigma2 フェッチを….

もう少しパットが入ればメジャーもというリー・ウェストウッドです。

この動画のようにカップの中のボールを簡単に取り出すことができるパターです。

だって、「FeTch」は取りにいってくるという意味でそのままのネーミングです。

PING製品のお求めは、

相談・フィッティング大歓迎です。よろしくお願いします。

トウんゴルフジャパン

「社内で新しいパターの打音がどう聞こえるかアンケートをした結果『トゥん』が一番多かったのです。『トゥん』押しのグループは、このパターをヒットさせて社名を『トゥんゴルフジャパン』に変えてやると意気込んでいます(笑)」

と岡田副社長談(ゴルフ用品界より)

プロモーションビデオも、PING Golf Japamは音を全面的にアピールしています。店長的には、聞こえ来る音は「コん」です。

一旦、吸い付いたあとそのあとコンと来る感じです。ソフトタッチにはソフトなフィードバック。ハードタッチにはしっかりとしたフィードバックを得ることができます。

ではUSではどうかというと

音のことは言っていないんですね。

よくよく考えると、

音をイメージすることで、ヒットするイメージが沸いてきます。

単にどのように聞こえるかではなく、音の大きさは距離感を出す上で大事です。

その上、二重硬度フェースインサートはロングパットではヒットしたときの手ごたえ(感触)がうれしいですね。

一方で、ショートパットは、転がりすぎるイメージはストロークそのものを萎縮させてしまうので、音が小さく、手ごたえの少ないソフトタッチのほうがしっかりストロークできそうだとと思います。

PING製品のお求めは、

相談・フィッティング大歓迎です。よろしくお願いします。

Sigma2の新長さ調整機能付シャフト?

製品の発表から、もう既に数件のお問い合わせをいただき「こんなこと今までにあった?」と思っているのですが、お問い合わせは打感がどうなのかが関心事になっています。

プロモーションも音に焦点を当てています。それを実現させているのは

この二重硬度のインサートなんですが、それを次回にまわすとして、今日言いたいことは、長さ調整機能付のシャフトです。

グリップエンドに専用レンチを差し込んでくるくる回して長さを変化させます。

詳しい説明は次回に回すことにして、今日言いたいことは長さ調整機能付シャフトに、下のグリップが装着可能になり、

ピストルスタンダードでも長さ調整機能付が可能になったということです。

PING製品のお求めは、

相談・フィッティング大歓迎です。よろしくお願いします。