SIGMA2

イラストレーターの野村タケオさんのブログで「SIGMA2」の発表会の様子を記事にしています。

ソフトフィーリングが支持され、非常に好調なセールスを達成したSIGMA Gでしたが、今度の新しいSIGA2は更にソフトフィール、しかも距離感が合いやすいインサートを採用しています。

USのサイトのキャッチプレースは

Softer Feel. Adustable Length.

日本は「トゥん」だそうです。

店長は「ン、コン」と感じます。

昨日コースで打ちました。本当にソフトなフィーリングなんですが、フェースが柔らかいパターにありがちなボールが前に転がらないということがないパターです。

すぐにフィーリングを掴みました。

SigmaGのフェースはアルミでしたが、これの難点はフェースが角に当たると、凹みができたしまうことですが、PEVAXの二重硬度構造フェースは少なくなると思います。

 


コメントを残す