GLIDE FORGED WEDGE

PINGPROでピンのウェッジを使わないことで有名だったのが、「LOUIS OOSTHUIZEN」です。
ウーストハイゼンからの要望をPINGが聞くことは簡単ではありません。(間近でウーストハイゼンのウェッジショットを見たことがありますが、非常にタメますので、大きなウェッジは合わないのだと思います。)

他のメーカーであれば、プロだけに作ればいいのです。よくプロ支給品という一般に出回ることのないクラブを使っていますね。それです。

PINGではPINGPROが使うクラブは一般のユーザーも使うクラブでなくてはならないのです。つまり、ウーストハイゼンの要望を聞くことは、それを市販しなければならないということになるんですね。

他のメーカーからすれば、へんなことですが、これがPINGスタンダードということになります。それをやってしまったということです。ということでプロ支給品が一般に発売されたのが、

このウェッジです。このウェッジの特徴は

 

各要素 GLIDE 2.0 SS比較
ヘッド形状 コンパクト
ホーゼル テーパー
オフセット 大きい
バウンス SS & TSの間
ソール幅 SS & TSの間
打感 柔らかい
仕上げ パールクローム仕上げ

となります。

PING BRAND AMBASSADOR 2010 National Teacher of the Year ツアープロコーチのTODD ANDERSONは地面に近いリーディングエッジで、つかまる。打感が良い。ウェッジといっています。

 

 

 

 

PING BRAND AMBASSADORでGolf Digest America’s 50 greatest teachers でツアープロ/ツアープロコーチのSTAN UTLEYはロブショットが楽に打てるウェッジ。オフセットは多め。バンカーから楽に。と言っています。

何故か練習器具のオレンジウィップ(これいいですよ)を持った写真ですがUTLEYがいうのであれば店長は納得です。コースへ持ち出して試してみたいですね。

また、このウェッジは楽しみがもうひとつ、カスタムオーダーによって

このようににカスタムできます。

こちらはウーストハイゼンのウェッジの刻印の様子!

うれしそうです。

PINGPROのLizette Salasはこんな風にカスタムしています。

女性らしい爽やかなカスタムです。こんな風になるんですね。

お求めは、こちらをクリック、それぞれのカスタムオーダーを購入して自分だけのウェッジを作ってみてくださいね。

相談・フィッティング大歓迎です。よろしくお願いします。


コメントを残す