PING i500アイアン

[新ジャンル]飛び系ブレイドと銘をうって登場させたi500アイアンのPINGジャパンの販売戦略は

  • 新ジャンルの飛び系ブレード誕生
    ブレード形状なのに、飛ぶ

    コンパクトなブレード形状から新しい「飛び系アイアン」が新登場。高強度で極薄フェースを可能にしたマレージングC300フェースをブレードに初採用。フェース周辺部を極限まで薄く設計することで高初速を生み出し、高い飛距離性能を発揮します。また、余剰重量を最適箇所に配分した高MOIヘッドにより、ミスヒットに強く抜群のコントロール性能を誇ります。

    • 新ジャンルの飛び系ブレード誕生
      ブレード形状なのに、飛ぶ

      コンパクトなブレード形状から新しい「飛び系アイアン」が新登場。高強度で極薄フェースを可能にしたマレージングC300フェースをブレードに初採用。フェース周辺部を極限まで薄く設計することで高初速を生み出し、高い飛距離性能を発揮します。また、余剰重量を最適箇所に配分した高MOIヘッドにより、ミスヒットに強く抜群のコントロール性能を誇ります。

      PING独自の中空構造でブレード
      形状なのに、高弾道で狙える

      フェース全体が一体となり、ロフトが増える動きをするPING独自の中空構造を採用。コンパクトなブレード形状でも、フェースが極限までたわむことで最大初速を生み出し、これまでにない高弾道と飛距離でピンを狙えます。

というように、あくまで飛びが1番で、ミスヒットに強い抜群のコントロール性能が2番となっています。

でも、店長が試打して驚いたのが、飛びもさることながら、その正確性です。アドレスして狙ったところしか行きません。自然に振ると高弾道で力強いボールが真っ直ぐ飛んで生きます。7番くらいになると練習場でも5Yから10yはぶれますが、ウェッジで打ったような感じです。中空構造によるMOIの増加とコンパクトヘッドが狙ったところにボールが真っ直ぐ飛ばします。
では、曲げることができないかというと、これも安定して同じ球筋が打てるという、まさしく次世代のクラブになっています。

たまたまでしょうが、PING NEWSでは23歳のキャメロン・チャンプが#4をi500アイアンとしていますプロといえども流石に#4となるとぶれるんです。

0001

このクラブはシャフトを正しく選択すると、大変な武器になります。

クラブヘッドの大きさが気になる。アドレスフェースとトップブレードだけをすっきり見えるのが好き。

gallery_detail3

全く中空アイアンに見えません。打ってみて初めてブレードアイアンと違うとわかります。

店長はDynamicGold 105 X100で使ってみたいアイアンです。

ブレードは確かに操作性に優れていてシャープに触れる、しかし、若いときほど体力がなくなり体幹のパワーがなくなり確率が下がっているミドル世代のアスリートゴルファーにこそ使ってほしいアイアンです。spec

ネットでの受注開始は8月8日、発売開始は10月4日です。試打・フィッティング開始も8月8日(水)から。8月8日はオックス高岡にて!

お求めは、こちらをクリック

相談・フィッティング大歓迎です。よろしくお願いします。


コメントを残す