PINGの革命はパターからアイアンへ

当サイトのPING IRONの歴史と少し重なりますが、技術的・理論的なことを書いていきます。

PINGのアイアンといえば店長など時代の古いゴルファーはEYE2ですが、EYE2以前のPINGのアイアンもキャビティだったんですが、EYE2ほど人気は出ませんでした。

a0093304_155659

上はEYEとEYE2ですが、一見そんなに大きく変りませんが実は大きく変ったところはフェースのサイズの大きさなんです。

つまり、EYE2でキャビティ部分を大きくし、その分フェースが大きく、重量をを周辺部分に配分(トウ・ヒールバランス)することによってヘッドの持つ慣性モーメントを大きくしたんです。

この頃は「醜いアヒルの子」とか言われ、このおぽきなフェースのアイアンをみて

「こんな大きな顔のクラブは打てない。」とみんな言っていましたが、今ではiBladeを見て「こんな小さな顔のアイアン打てない。」ですから醜いアイアンも40年以上もたてば醜いのもなれて、美顔に見えるようになるということですね。

最新のPINGクラブのお求めは、こちらをクリック

相談・フィッティング大歓迎です。よろしくお願いします。


コメントを残す