PING LB的 進化論 (機能の追及の先に美しさを見る)

PINGの最初のアイアンは

軟鉄鍛造のアイアンヘッドを機械加工してバックフェースに二つのキャビティ(窪み)を作ったものでした。

2番目のアイアンは

削った部分を大きくし、さらに

ANSERへ続きます。1本だけを考えると削宇る工程はそれほどではないように感じますが、当時は3番から9番、PW、SWのセットです。3番から9番までとしても7番手を削るわけですから、アイアンヘッドをセットして削って、セットして削ってを繰り返すわけですから、沢山の時間を消費するわけですので、この製法に限界を感じていたことは間違いありません。

ANSERをベースに、1969年にKarsten Iが誕生しましたが、

ロストワックス製法、ステンレス素材のモデルはもはや必然だったわけです。それまでのアイアンは軟鉄を使って、鍛造で作るしかなかったのですが、ステンレスに比べて柔らかい軟鉄で打った感触は柔らかいため、当時は随分、素材に関する評価は、軟鉄>ステンレスだったように思います。

その後、この流れは

Karsten II 1977-84

Karsten III 1977-84

THE BANK OF PUTTERS さんより[
THE BANK OF PUTTERS さんより引用

Karsten IV 1977-80

Eye (Pat. No.) 1980-85まで続きます。

その後キャビティ部分の重量を周辺に配置するという考えが加わり

my karsten’s way さんより

Eye2 (Pat. Pending) 1982-84が発表された。

大きくバックフェースを削り、それによって生まれた新しい重量をヘッドの慣性モーメントを高めるために使われました。

それは、現代におけるクラブに引き継がれています。以下はG425アイアンの説明に使われているフレーズです。

高く、ブレずに、狙える

究極の重量周辺配分設計により、ミスヒットに強く、ブレずにピンを狙える。深低重心ヘッドが、アイアンで求められる高弾道とスピン量を実現。

今も48年前も変わらないのです。EYE2の誕生によってPINGだけではなくそれ以降のアイアンの方向性を決めてしまったと言えるでしょう。

その後、ベリリウムカッパーのモデルが発表され、CHOICE誌の表紙だったと思うんですが、それを見たときには、機能追及によって生じる美しさ=機能美を感じました。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

楽天:納期情報

Yahoo!:納期情報

となります。

1999年

この頃はいわゆる2000年問題で大変でした。コンピュータが登場した当初はメモリやHDDなど記憶や演算装置の領域が高価で西暦が4桁のところを下二桁にして処理を行っていたんですね。

ですから99年の次は00年になってしまい、正しい計算結果が得られないと世界中が大騒ぎでした。

この年この期に続く新しい技術をPINGが出しています。CTPですが、重量を周辺部に配分することでできたスペースの有効利用です。

36952g-ping-i3-blade

ここにいくまでに、PINGのアイアンは、ずっと重量を周辺部分に配分することを行っているようです。

1003922-aeu

ZINGです。パターのZING同様トウに重量が配分されていることがわかると同時にフェースの上部にもウエイトが配置されています。

img_1376

ISI-Kですフェースは薄くなりリブを配置して強化しスイートスポット部分のふくらみはフェース面の強化とともに打感にも影響があったと思われます。

こういう風に並べると、i3は当然のごとく出てきたように思いますね。

最近のPINGの新製品の発表を見ると必ずといっていいほど、新しい素材・材料を使ってきます。G400FW・G700のマレージング鋼もそうですね。

この頃も、実は、上記の形状の変化だけではなく、素材も工夫していました。

それが、

$_35

Beryllium Copperです。

 

 

PINGの革命はパターからアイアンへ

当サイトのPING IRONの歴史と少し重なりますが、技術的・理論的なことを書いていきます。

PINGのアイアンといえば店長など時代の古いゴルファーはEYE2ですが、EYE2以前のPINGのアイアンもキャビティだったんですが、EYE2ほど人気は出ませんでした。

a0093304_155659

上はEYEとEYE2ですが、一見そんなに大きく変りませんが実は大きく変ったところはフェースのサイズの大きさなんです。

つまり、EYE2でキャビティ部分を大きくし、その分フェースが大きく、重量をを周辺部分に配分(トウ・ヒールバランス)することによってヘッドの持つ慣性モーメントを大きくしたんです。

この頃は「醜いアヒルの子」とか言われ、このおぽきなフェースのアイアンをみて

「こんな大きな顔のクラブは打てない。」とみんな言っていましたが、今ではiBladeを見て「こんな小さな顔のアイアン打てない。」ですから醜いアイアンも40年以上もたてば醜いのもなれて、美顔に見えるようになるということですね。

最新のPINGクラブのお求めは、こちらをクリック

相談・フィッティング大歓迎です。よろしくお願いします。