ピンの革命の歴史はパターから始まった 1

PING創業者のカーステンソルハイムは43歳でゴルフを始めましたが、パッティングが苦手でした。まだGEのエンジニアに勤務していた1950年代後半から、カリフォルニア州レッドウッドの自宅で自分のためのパター作りにいそしんだ。

エンジニアの彼は、科学的裏づけと綿密な計算をもとに四角い箱をくりぬき、真ん中にシャフトを装着しただけのパターを自分のために製作した。

フェースとソールの間にスリットを入れたパターはボールヲヒットしたときにピーンという音がしたそれが「1-A」でした。

Karsten Solheim on The Original Ping Putter

ヘッドの中心をえぐってその文の重量を外側に再配分したらスイートスポットが広がるはずという根拠に従って作成された。パターはこう評価されています。

このときに新聞に取り上げられています。

「レッドウッドシティーの男性の `Ping Putter ‘がゴルファーズの祈りに答えるかもしれない。」と

さて、ゴルファーの祈りに応えられたのでしょうか?

続きは、「ピンの革命の歴史はパターから始まった 2」に


コメントを残す