Is equipment really to blame for the distance problem in golf?(GOLFWRX)

Is equipment really to blame for the distance problem in golf?という刺激的な題名で

The Masters - Round Twoフィナウの画像であれば何が書かれているか、気になります。

それは2018年で、メジャーシーズンの4分の1を超えており、PGAツアーでは平均して300ヤードを超える58人の選手がいる。 Trey Mullinaxはウェルズ・ファーゴ・チャンピオンシップでPGAツアーをリードし、平均走行距離は320ヤードです。

から始まる記事は、飛距離が伸びたのは道具なのか人なのかという検証です。

Chart-1

PGAの平均飛距離はこのように直線的に伸びているんですね。

「距離が増えた唯一の理由が装備であれば、最長と最短の打者の格差は減少していただろう。 それがすべての機器であれば、Ken Dukeは266の代わりに280ヤードのようなものを平均しなければなりません。」とあります。確かにそうですね。

Chart-2

差が広がっているところをみると、道具だけが影響しているわけではないと結論付けています。

確かにわれわれの周りはこんなに飛距離は伸びていませんので、ゴルファーの身体能力も大きな要因となっていることがわかりますね。


コメントを残す