愛プロ、今期2勝目達成!

Ai Suzuki
写真はTポイントレディス

スタジオアリスで今期2勝目を獲得しました。中継を見ているとやっぱりパターは大事だなぁと感じます。

スイングアークも大事ですが、やっぱりライ角のフィッティングが重要です。

その場、これまで使ってきたパターにとらわれなく決めたいですね。

当店は、iPingで測定するだけではなく実際に

5904-0221_2

5904-0221_3

フィッティングパターで最適なライ角とロフト角を体験できますよ。

ヘッド重量までカスタムできるのは

VAULT20DALEANSER

ですね。

 

また、このトーナメントで単独3位に入ったのが比嘉真美子プロ。

ALBAネットのこの生地。「寄せ上手に変身!? 比嘉真美子がノーボギーで単独3位に」によると、好調の原因に

58ss

グライド2.0ステルスが上げています。

記事によると、

「今年からピンの『グライド2.0ステルス』という黒いウェッジに替えたんですが、止まり過ぎず、転がり過ぎず、自分のフィーリングと実際の距離が合うので、それがいいのかもしれませんね」

昨年はアプローチの成功率ともいえるリカバリー率が63.0182%で20位だったが、今季は67.9487%(8位)にまでアップ。最終日もグリーンを5回外したが、すべてパーセーブして見せた。砲台グリーンが多く、距離感を合わせるのが難しいという選手が続出した今大会。もちろん、比嘉の技術もあるが、ニューウェッジの効果は小さくなかったようだ。

(引用終わり)

ということで、限定発売のステルスウェッジが貢献しているようですね。

こちらをクリック

相談・フィッティング大歓迎です。


コメントを残す