i525 8番アイアン問題

7番アイアンまではボールが前に飛ぶが、8番アイアンからはボールが高く上がり飛距離が出なく、7番とのギャップ差が大きいという報告があります。

i500のツィートですが、i525アイアンも構造は変わりませんので、インパクト時のヘッドのたわみ方は同様となります。

インパクトの衝撃により、アイアンのヘッドがしなりロフトが増える構造です。

このような構造のアイアンでは、ロフトが立っているときは、十分なたわみが確保できるが、ロフトが大きくなるとインパクトのエネルギーのベクトル分散が大きくなり、たわみが確保できずに、思った飛距離が確保できない状況になることが予想されます。

i525アイアンでは丁度、7番アイアンと8番アイアンの間でその現象が起きていることが予想されます。

多くのゴルファーの軌道は、アウトサイドインで、インパクトではフェースが若干、軌道に対して開いています。そのため、インパクトエネルギーのロフトによるベクトル分散に加え、スイング軌道によるベクトル分散が加わっていると思われます。

通常、8番アイアンは少し距離が欲しい番手ですので、7番-8番間で、球質の変化現象がおきるのではなく、8番ー9番間もしくは9番ーPW間で起きればプレーにあまり影響しないので問題が少ないと思いますが、i525アイアンでは起きてしまう人が多いということだろうと思います。

対策としては、

USスタンダードロフトを選択する(球質の変化を6番ー7番になるようにする。)多くの場合、番手間の飛距離は7番より上では少なくなるので、ちょうどいい。

7番まではUSスタンダード、8番からはJAPANスタンダード(PowerSpec)を選択する。8番まではロングアンアンのロフトギャップとして、7番-8番の飛距離差を少なくする

などが考えられます。

スイングを変更するというのは、別の機会に書きたいと思います。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。


コメントを残す