ウェッジ戦線異状有り(終わったけど)

GKIDE 3.0 ウェッジの販売終了が決まって、10月から、在庫限りの販売となっておりましたが。

年末からGLIDE3.0の4モデルの内、何故かWS(ワイドソール)の注文が集中しました。YOUTUBEの影響は凄いですね。現在は58WSも56WSも在庫は完売してしまいました。

店長の感覚では、これまでは、SS、EYE2、TS、WSの内、7割がSSで残りを3つのモデルが分け合いますが、EYE2は万能ソールなので根強いファンがあるため他の2つに比べて強く、次にWS、TSは稀という感じでしたが。YOUTUBE以降は、ほぼWSの独占状態です。

ウェッジフィッティング(続き)で、書きましたが、WSが合うのは

以下ウェッジフィッティング(続き)からの引用

【ワイドソール】

リーディングエッジ側でコンタクトするタイプは上の図のように、ダウンブローにボールにコンタクトし、少し手前から入ると、地面にリーディングエッジが入り込みやすいといえます。

そのため

ソールの幅を幅広くして、芝の上をすべるようにするのです。

引用終わり

となります。

この動画よりも

はるかにインパクトがあったみたいですね。

店長はアプローチのボールポジションを右にしないので、そのポジションでWSを使用した場合は

場合、リーディングエッジが高くなるのと、バンスが効きすぎてボールが強くなるのでWSはあまり好きではありません。しかし、これほどの現象を引き起こすのですから、アプローチを何とかしたいという人はたくさんいるということを認識しました。

ということは、裏を返せばウェッジショットをどのようにすればいいのかわからない人が多いということになるんではないかと思います。

数々のピンチを信じられないアプローチショットで切り抜けるどころか、

直接、カップにボールを沈めてトップに立つフィルのアプローチはどうでしょうか?

ボールの位置、インパクトの形、違いませんか?

このシリーズと振り遅れの科学は続きますよ。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i210i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:


コメントを残す