アプローチでダフリたくない!

意外と多い悩みが、アプローチでのダブり!

グリーンへのショットが、ちょっと短くグリーン手前。

これを、チョンと打ってピンに寄せて、できればワンパットでパーでホールアウト、悪くてもボギーが頭に描いているストーリー。

しかしこれを丁寧に行こうとして、ちゃっくりとダフる。次は、ダフってはいけないと、トップ気味の強いボールでグリーン奥。奥からのアプローチは寄らず、入らずのダブルボギー。

店長も昔はよくやっていましたこのパターン。

ボールの位置が右過ぎたんです。

よくボールをダフらないようにと右において打つと聞いていましたが

倉本会長が言うようにボールの位置を左のかかと線上にすると、ダフリがなくなります。使用するウェッジのソールも幅の広いWSを使うことも、ダフリ対策になります。

もっとアプローチが上手くなったのは、イアン・ポールターのアプローチを見てからです。

左足のかかと線上どころか左つま先のフォトにおいているでしょ。そして構えはハンドファーストどころかハンドレイトであることが分かります。

ボールを右に置くスタイル

このような位置で構えると、ダウンブローでボールをとらえるので、ダフることはないように思うかも知れませんが、

スイング中に、頭の位置がズレるとダフったり、トップしたりすることが分かります。また、ハンドファーストにすることによって、大切なウェッジのバンズの効果を利用することが出来ません。

一方、ポールターのように、左肩の下の位置にボールを置くと、ダウンブローに打てるようには思えませんが

頭の位置がズレても

あまりショットには影響を及ぼしません。

この幾何学的な事実を覆すことは、なかなか難しいと思います。

ウェッジはボールを左においてソールをダルらせるように滑らして打つんですね。滑らせて打つから、PINGのウェッジはGLIDEのネーミングとなっているんでしょうね。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i210i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

楽天:納期情報

Yahoo!:納期情報

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。


コメントを残す