G425 FWとG410 FWの差はここ!

ちょっと見てもわかりませんが、G410フェアウェイウッド・ハイブリッドとG425 フェアウェイウッド・ハイブリッドのフェイスのシェイプが違います。

G425フェアウェイウッド・ハイブリッドの説明では、「スピンシステンシー・テクノロジー」といって、新バルジ&ロール設計により、ミスヒット時でも最大のキャリーと飛距離を生み出すと言っています。

US PINGのブログではこれを詳しく解説しています。

G410フェアウェイとハイブリッドは、伝統的ねフェイスシェイプを採用しすべての方向で規則的で一貫した面の曲率(ロール)を持っています。

一方、G425フェアウェイとハイブリッドは、新しいフェイスシェイプで上部と下部で異なる曲率を持っています。

上の図はG410とG425の3ウッドでフェースのセンターから0.2インチ下で打った時の弾道に違いを表しています。G410に比べてG425ではスピン量が300回転減少し距離が5ヤード伸びています。

7番、9番のショートウッドをバッグに入れている店長は、ラフとか左下がりなど、どうしても薄くヘッドを入れなければならない状況で、この恩恵を受けています。G410の場合はこのような状況では、思った以上にスピンが入りショートすることが多くなります。うまく打ったのに、ちょっと足りない。それが、G425では、届いてくれる。ちゃんと距離が出てくれことを感じています。

Spinsistency

この新しいフェースシェイプは、ゴルファーにフェースの上下でより一貫したスピン数を与えるため、フェースのスピンシスタンシーの曲率が大きく、ロフトが小さくなっています。次の図は、さまざまな垂直方向の衝撃位置のスピンを示しています。フェースの低い位置に当たったショットの場合、下の図の曲線は著しく平になり、スピンシステンシーを完全に示しています。ゴルファーは、円形のフェース形状と比較して、一貫したスピン数を期待できます。

PINGのフェアウェイウッドであっても、G425以前のPINGのフェアウェイウッドはコースを攻めきれないかもしれませんよ。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i210i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

楽天:納期情報

Yahoo!:納期情報

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。


コメントを残す