トーレパインズのためのショートウッド戦略

昨年の全米オープンから積極的に行っているのPINGツアーBANのショートウッド戦略をなんと詳しく説明してくれています。

冒頭でショートウッドは4番アイアンの代わりであると言っています。クラブセッティングは3番ウッドの次に7番ウッド、9番ウッドになると言っています。

店長は昨年この「ショートウッド・ショートレングス」の情報をつかんでから、自分なりに工夫をして取り組んでいます。いろいろ試して行きついたセッティングは5番ウッドと廃部りっごがなくなり、バッグには7番G425と9番G410(本当はG425にしたい)が入っています。

特にメジャーのコースセッティングでは子考えが有効であると言っています。この考えは昨年からではなく、2015年の目リオンから始まったと言っています。現在ではメジャーだけではなく通常の試合でも、ウーストハイゼン、ハットン、シンクが行っています。プロたちはラフからでも、フェアウェイからでもいいパフォーマンスだったと言っている。今後も確認していくそうです。

7番ウッドの場合、標準のシャフト長の42インチから1インチ短い、通常41インチでクラブを組むそうです。9ウッドも同様で40.5インチだということです。

使用するシャフトは80~90グラムのシャフトを使い、フレックスは硬くします。ツアーバンではヘッドにジェルを入れ3~4グラム重くするそうです。ヘッドのロフトは少なくなるようにセッティングするそうです。

G425が発売され、G410に比べてスピンが減少しいい結果が出ているとも言っていますね。

210~230のラフからのショットの場合、ラフからだと100yくらいのキャリーしか出ないが、ショートウッド・ショートレングスでは、190ヤードキャリーし、フロントバンカーを飛び越えグリーンにオンさせることが出来ると言っていますね。

全米プロで活躍したウーストハイゼンは7番ウッド、ヒューズは9番ウッドを使っているとのこと。

店長は、昨年、書いた「ショートウッド・ショートレングス」ではPINGPROのデーターを載せています。

イメージはショートウッドのヘッドを利用してハイブリッドを作っている感じです。

この方法がいいパフォーマンスが出る仕組みを「ショートウッド・ショートレングス2」に書いていますので参考にしてください。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i210、iBladeBLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

楽天:納期情報

Yahoo!:納期情報

PGA ロケットモーゲージは3日目が終了し,PINGPROニーマンがトップタイです。ニーマンもご多分に漏れずチップを2インチも切った7Wをバッグに入れています。

ヨーロッパはPINGPROサリバンが7i位、金谷選手は-5、31位タイで最終日です。

 


コメントを残す