手元問題続き

手元を浮かせないようにインパクトする人もそうなんですが、手でダウンスイングに入る人も、ダウンスイングへの切り替えしで、左肩を下げる動作が入ります。

手元を低くインパクトをしようとするとより低くスイングしなければならないと思うので当たり前です。手でダウンスイングする人もそういう動作が入ります。ただし、それが絶対にダメかというとある条件があればそれを打ち消しますのであってもそれほど問題は起きません。

っでは、なぜそれがダメなのかというと、原理はこういうことです。

ダウンスイングの開始で左肩が下がることにより、グリップが正面方向に出るようトルクが発生してしまい、そのままスイングするので

アウトサイドインの軌道になり、クラブヘッドラグか少ない、クラブヘッドをコントロールできないスイングとなります。

本来であれば、幾何学的に考えればトップでの左肩の位置は最下点で、それを戻すように動くダウンスイングは左肩はむしろ上がていくのが本当です。

そうなると、逆に右肩は下がり、グリップを下げさせるようなトルクが発生し、それがヘッドにも伝播し、ホットライン(後方から見たアドレス時において、ボールと右ひじを結んだ線)に収束するように動きます。

その動きが、クラブヘッドラグを大きくしますので、スイング中クラブヘッドをコントロールします。

左肩がさがるすべてがだめかというと、その直後に大きく左肩を上げる、もしくは右肩を下げる動きをすると、ダウンスイングに入るときに左の肩を下げる動きをすることで、グリップが正面に出るトルクを打ち消すので、ちゃんと打てています。

この動きは、インパクトにおいてグリップが少し浮いてもいいくらいの感覚でできる動きなので、簡単にスイングプレーンを改善できます。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i210、iBladeBLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

楽天:納期情報

Yahoo!:納期情報

トラベラーズは小平選手が1位タイでリード期待できます。

全米オープンが終了してヨーロッパの多くの選手が、全英オープンまでヨーロッパツアーに参戦することになると思います。その強いフィールドで川村選手が3位タイとこちらも期待できる位置につけています。

今週は日本人にとって先週以上に名の離せない週末になるかもしれませんね。


コメントを残す