パット雑感

ミケルソンンの優勝凄かったですね~。ミケルソンと言えばL字パター。

店長もずいぶん昔に買ったJ-bladeを持っています。最近、タングステンウェイトを装着したパターばかりでラウンドするのでパッティングに緊張感がないので緊張感をもとめ、ちょっと使ってみようかなと思いました。何故、緊張感がないのかというと、特にHARWOODなんかは、打ち出し方向を決めてストロークをすると、ほぼ確実にその通りの方向にボールが転がります。外した時には、ストロークに問題がなく、単純にラインの読みが違ったんだなと思えるからなんです。いわゆるパッティングの理想形ですが、そう時に何かを求めてやってしまうんです。

とはいっても、できるだけパットを決めたいので、今の店長にぴったり合うように、ライ角をハンマーで叩いて調整しました。まぁ、女々しいというか言っていることとやっていることが一致しないですね。すべて、テクニックで勝負しないのが、店長流です。その時、計測したいPingのデーターがこれ。

自分で言うのも、なんですがなかなかの数字。これで行けると思ったんですが、標準仕様の2021PUTTER ANSER2ではどれくらいなんだろうとデータをとると、

と、圧倒的にいい数字が出ます。結構時間をかけて、 調整しては打ってみて確認、調整しては確認をくり返して調整したJ-Bladeの数字をいとも簡単に超えていきます。

実際のラウンドではJ-BLADEがどのようなパフォーマンスを見せてくれたのかというと、、やっぱり、70cmを少し超える距離の微妙な曲がるラインが難しいです。ショートパットに難があったときにミケルソンのようでした。どれだけ、徴しても慣性モーメントが変わっているわけではないので当たり前でです。

スタジヲにあるタングステンインサートパターそれぞれがどれくらい安定しているのかランキングしてみることにしました。あくまで店長のフィーリングです。

パターはスコッツデール50th、クラシックアンサー(タングステンウェイト) 、2021PUTTER ANSER2、2021PUTTER TYNE4、2021PUTTER HARWOODの5モデル。

安定度は、2021PUTTER HARWOOD >> スコッツデール50th > クラシックアンサー2 >  2021PUTTER TYNE4 > 2021PUTTER ANSER2の順でした。

スコッツデール50thとクラシックアンサー2 のタングステンウェイトは25gで、2021PUTTERはそれより少し軽いと聞いておりましので、2021PUTTERのANSER2がスコッツデール50th、クラシックアンサー2 下にくるのは順当です。

タングステンウェイトの重さが同じだから、スコッツデール50thと クラシックアンサー2 は、スコッツデール50th= クラシックアンサー2 かスコッツデール50th≒クラシックアンサー2と思っておりましたが、スコッツデール50thがうえでした。

ANSERとANSER2では、ヘッド形状でANSER2よりANSERが慣性モーメントがおおきい設計になっているのかと思い、2021PUTTER ANSER2 とANSERを比べてみましたが、ANSERが上でした。つまり、ANSERにくらべANSER2は操作性があるクラブでANSERは安定したモデルとなります。

上記の結果から、2021パターの登場でタングステンウェイト装着したクラッシックモデルの意味があるのかと思っていましたが、意味がありそうです。価格は約2倍になりますが、タングステンウェイトの重量差は大きく性能に反映されているということになりますね。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i210、iBladeBLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

楽天:納期情報

Yahoo!:納期情報

ミケルソンが開設しているキャロウェイさんのこのビデをボールがどのようにしてロールを得ているのかが分かります。

パッティングを制するにはこのビデオを完全に理解することが必要です。ショットではスピンにこだわりますが、パターではロールにこだわることが必要です。

適正なインパクトロフトで打ち出されたボールは、ビデオで見るとノースピンで約6インチフライトし、地面に接地、その時の芝との摩擦でロール(フォワードスピン)を獲得します。

十分ではないロフトでは、ボールが地面にめり込んでそのあとボールは跳ねながら転がります。

過度なロフトで打ったボールはバックスピンしながら、適正なロフトで打ったボールより飛んで、大きい角度で地面に接地します。ビデオでは明らかにその時ボールが減速しているのが分かります。


コメントを残す