ボールを飛ばすにはヘッドスピードよりも圧力。

 

生徒さんからの質問でどうして、結構、振っているのにボールが飛ばないんですか?と聞かれましたので、ふわっとしたボールを打つときは、しっかりしたグリップではなく緩いグリップでボールに圧力を与えないんです。

ということは、通常のショットで飛距離を出すためには、ボールに圧力を与えるということなんです。

肩から左腕、グリップ、クラブヘッドが直線上に位置しインパクトを迎えますがその時、その構造を支えるのが、プレッシャーポイント3(PP3)右手人差し指第一関節付近です。この支えがないと、インパクトの衝撃を受け止めることが出来ずに、行ってみると、フワッとしたアプローチをしている状態となるわけです。

最初は大きいバックスイングをしていたKOKENも最近はすっかり、コンパクトなトップを覚えたようです。

よくヘッドスピードが速いと飛ぶといいますが、そんな単純ではありません。

続きます。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i210、iBladeBLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

楽天:納期情報

Yahoo!:納期情報

 

 


コメントを残す