ストッピングパワー

ゴルフ倶楽部ゴールドウインにいらした奥村プロが、ある日、ジュニアたちに向かって、言ったことを、私はいつもラウンド中に心がけています。

その言葉は、

「ボールがグリーンに落ちた時のディボット後を必ず直してください。でも、それは単にエチケットだけでなく。あなたたちのゴルフにとってとっても重要なことです。なぜならばボールが落ちた地点からどれくらいでボールが止まったかを確認するためです。ボールのディボットからボールの止まっている場所まで何歩(ヤード)かを常に意識しなさい。キャリーと止まるまでの距離がわからなければそのホールをどのように攻めたらいいのか、わかないでしょ。」

というものでした。その後、具体的な例を挙げて説明してくださいましたが、その場所にいたジュニアたちがその言葉をどれだけ理解したかは甚だ疑問です。それは奥村プロも重々承知で、いつもボールが落ちた場所から止まるまで、どれくらいを要したか確認しているうちに見えてくるものがあるので、今、理解できなくても言ったのだと思います。

グリーンを狙うショットにおいて、どのラインに打っていけるのかはそのクラブの持つストッピングパワーを把握しないと選択することはできません。

ボールが止まるまでの距離が長ければAラインに打っていくことはできません。

(続きます。)

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i210、iBladeBLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

楽天:納期情報

Yahoo!:納期情報

となります。


コメントを残す