2021PUTTER

なんと、新しいパターが発表されましたが。ネーミングはSIGMAが付くわけでもなく新しい名前になるわけでもなく。「PING 2021 PUTTER」アメリカのHPにのっていないので、またもやアジア。オセアニア先行発売なんでしょうか(確かめていません)?

PING2021PUTTERのコンセプトは高い慣性モーメントで、フェース面の中心から見て左右に重量を配置する。1-Aからずっと引き継がれたPING伝統の手法。

WRXパターでは、高い比重のタングステンウェイトを埋め込み、さらに慣性モーメント高めています。

新しいパター「PING2021PUTTER」はSIGMA2のフェースインサートをベースに、ワークスのタングステンウェイトの埋め込みんだモデル。

が登場しました。

G425ドライバーは、フェース面から離れた位置に重心を設定するために

タングステンウェイトをヘッドの最深部に配置します。これをヘプラーのように高比重の材料を低く、フェース面から遠い位置に配置するモデル。

これら二つの特徴を高い次元で組み合わせたモデル

が登場しました。

 

営業さんに聞くと人気はいまツアーで大流行のツノツノモデルのTYNEらしいですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店長は、重心位置、慣性モーメントを最重要視するPINGらしい

HARWOODです。以前のPLD限定モデルでブルーザーが発売されましたが、

PINGで一番慣性モーメントが大きいブルーザーの慣性モーメントの上を行く慣性モーメントをハーウッドは持ちます。ヘッドの四隅に配置されたタングステンウェイトがそれを実現しています。

ブルーザーを所有する関係者にブルーザーを打たせてもらったことがあります、ショートパットは完全に打ちたい方向にフェースを合わせ打つだけです。どうしても欲しかったらしくて、売れ残っていたお店で、0正規の価格で購入したことだけあります。どちらかというと打てないタイプだったので、インサートの無い、重いこのパターを使う事で、パターが格段に良くなっていました。ラウンドではクラッチパットを良く沈めていました。店長のフィーリングでは出玉がちょっと強いイメージでしたが、HARWOODは

フェースインサートタイプなのでちょうどいい出玉加減で、早速、注文しました。試打パターとしても使います。

HARWOODはヘッド重量が3854gもあるので、基本的にはゆっくりとしたテンポでストロークする人向けのパターです。

が、打ち方によってはあまり考慮しなくてもいいということを、時間は考察したいと思います。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i210、iBladeBLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

楽天:納期情報

Yahoo!:納期情報

となります。

コンセッションでもフィナウは上位につけています。ジェネシスでは決めなければならないパットを決められずにプレイオフで敗れましたが、今週はパターを決めることが出来るのでしょうか?

しかし、コンセッションは凄いコースですね、ホブランドが最終ホールまさかの+4ちょっと攻め方を間違えると一気に転落があるコースです。


カテゴリーPING

コメントを残す