GPSとレーザー

前回は新しいSHOT TRACKINGについて紹介しましたが、今日はGPSとレーザーについてGOLFSPYで書いているので店長の主観をはさみながら紹介します。

レーザーの特徴はターゲット焦点を合わせて距離を測定する。制度は非常に高く正しくターゲットにレーザーが当たっているのであれば、ゴルフレベルでは誤差にならない正確性を持ちます。

問題はターゲットにレーザーを照射できない場合は距離はわかりません。例えばブラインドのドックレッグや打ち上げでターゲットが見えない場合は当然距離を測定することはできません。

一方、GPSはターゲットが見えなくても距離の測定が可能です。

しかし誤差というとやはり数メートルあったりするようです。

この2つを融合させたのがGARMIN Z80 Z82です。ほしいのですが高いラウンド数の少ない店長にはもったいない代物です。

どうも、入ってくる情報から最近はキャディ付きのラウンドを敬遠される方が多いようで、学生でゴルフ場のアルバイトをもくろんでいた子たちはなかなかアルバイトができない状況のようです。

となると、キャディさんの補完としてのGPS、レーザーに注目が集めっているのではと思いますが、いいキャディさんは単に距離だけを伝えるのではなく、風や気温、湿度。スロープなどの情報を与えてくれますのでこういった情報をサポートしてくれるツールが欲しいものです。

GOLF SPYにも書いてあるんですが、

「『Arccos(アーコス)』のAI搭載GPS距離計だけは例外で、「サブスクリプション(月極使用料を払うサービス)」によってさらに高性能なサービスが受けられる。

その中でも、Arccos Caddie Rangefinder(アーコス・キャディー・レンジファインダー)には、リアルタイムでスロープや、風、気温、湿度、高度などを調節する機能が向いている。(GOLFSPY)」

店長のなかでは湿度まででしたが、確かに高度も考慮に入れなければなりません。富山の山岳コースではアルプスの尾根に上ったようなホールがあるところもありますので、一番引くところとでは、確かに距離の補正が必要です。

となると、キャディの機能があるもののほうが、どのようなタイプ化は別にして有利性があるのではと思っています。

この分野はまだまだテクノロジーの進化がありそうです。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

ジュニア・キッズ用のダブルガーゼ立体マスクは

https://item.rakuten.co.jp/golfshoplb/c/0000000164/(楽天市場でも販売できるようになりました。)

https://www.orizuruknit.com/

マスクは製作が完了したものから販売せていただいております。


コメントを残す