i210,i500試打レポート その1

試打クラブが届きましたので、色々なシャフトで打ってみました。

i210は捕まり、コントロールのできるヘッドという印象?

i500は初速が速く、真っ直ぐ飛んでいます。

nFlightのデータをみると初速が4m/sくらい違います。(自分の飛距離が落ちているので数字は見たくないのですが)

で、店長的に良かった組み合わせは

i210はMODUS SYSTEM3 125S、i500はMOUDUS3 TOUR105Sでした

NSさんの剛性分布をみると同じような傾向ですが、105が全体的に柔らかいですね。人それぞれ感じ方が変ると思いますが、i500はヘッドが軌道を作ってくれるので、シャフトはあまりでしゃばらないほうが、i210はターンしやすい素直なヘッドでシャフトでヘッドをコントロールするといった感じでしょうか?

両方のクラブをコースで打ってみようと思います。

次の写真は、新しく標準シャフトとして採用されたFUJIKURA EVO5とThe ATTAS。

店長的に良かったのはジ・アッタスと営業さんに報告すると、ジ・アッタス推しは店長さんだけですって。

でも剛性分布をみるとアイアンのシャフトと似た剛性分布ですね。

レポートは今後も続きます。

お求めは、こちらをクリック

相談・フィッティング大歓迎です。よろしくお願いします。8月12日ベイウエストさん試打会決定しました。現在お昼の暑い時間帯を避け、朝の涼しい時間帯と3時からの2部構成で行う予定です。普段では用意できないドライバーシャフトも準備いたします。


コメントを残す