i210はどうなった?

世の中の注目が集まる「i210アイアン」ですが、真っ先に扱わないという暴挙に出ている店長ですが、それだけ、店長的にはi500とProdiJrのインパクトが強いということです。

それでは「i3」からの集大成というべき「i210」

PING JAPANでは「i200」王者のアイアンとしてプロモーションしています。

テクノロジーではエラストラマーCTPです。約30%大きくしただけではなく約50%柔らかくなった新素材を使用しています。これによって打感が非常に柔らかくなっています。

打球音に関しては好みもありますのでどれがいいとは断言はできませんが、PING JAPANが打球音の比較ムービーを作っているので比べてみてください。

先ずはG700

高い金属音ですね。

次はi500

金属音とまではいきませんが、硬めのしっかりした音になっています。

i210

完全に打球音はステンレス素材のアイアンの音ではありません。気持ち悪いほど柔らかいですよというのは営業さんの言葉、確かにPINGにはこれまでいないようなソフトな打感です。

勿論、フェースのたわみも大きくなり飛距離性能も向上しています。4番アイアンの比較ではキャリーが+4ヤード伸びていて、既に「i200」を持っていても5番より上の番手を「i210」に変更するのはありだと思いますよ。

同時に発売される「i500」に比べてボールは捕まえやすくなっています。

とにかく、この打感は試打にて体感してほしいですね。

お求めは、こちらをクリック

相談・フィッティング大歓迎です。よろしくお願いします。


コメントを残す