WGC 最終日

ジャスティン・トーマスが18番で2打目を直接カップインするスーパーショットで、さらに白熱した展開に

こういう場面でやりますね~。

最終組のフィルとPING PRO ティレルはジャスティンと同じ-16。ティレルのセカンドは手前のラフにすっぽり、フィルは2オン。

ティレルのショートロブはちょっと強く入り4mオーバー。フィルも1m以上残します。ティレルのパットはボールが跳ねてショットでプレーオフに残れません。フィルはきっちり決めます。

プレーオフではジャスティンがグリーンオーバー(アドレナリン?)フィルはピンハイにきっちりのせます。ジャスティンのライは難しいライだったんだと思います。ショートしてしまいボギーで決着が付きました。

シンガポールのHSBCはなんとミシェル・ウィーが4年ぶりの優勝です。独特のパッティングスタイルでしたが、普通のクロスハンドのストロークに変わっています。しっかりパターを決めていました。

こちらもPING Proのブルック・ヘンダーソンは2Tで終了で優勝に1歩届きませんでした。

ブルックといえば長尺ドライバーTourADTP5Xを48インチにしてチョークダウン(短く)で握ってショットします。

JLPGAも愛選手一歩届きませんでした。

 

PINGのお求めはこちらをクリック

相談・フィッティング大歓迎です。


コメントを残す