いわゆる、in to in

パッティングのストロークは

題名に書いた「in to in」のストロークがいいとされています。

ストロークの頂点でフェースがターゲットに対してスクエアになりボールが真っ直ぐ転がることが理想のストロークです。

それ以外に、多く見受けられるのは、下のようなアウトサイドインですが

図のようにフェースの向きがコントロールされているのであればボールは真っ直ぐ転がります。問題ありませんし、ビリー・メイフェアのストロークはこんな感じPGAプレーヤーです・

では、何故インパクトを頂点とした「in to in」が優れているのでしょうか?

答えはこれです。

遠心力によりパターのフェースがストロークの弧に対してスクエアになろうとします。

アウトサイドインのストロークでの頂点は、インパクトよりも手前に位置することになりますので、インパクトではターゲットに対してフェースがクローズになろうとする力が働きます。

PINGの「フィッティングガイド」のパターフィッティングで、インタビューの次に行う(実質的に一番最初に行う)のは、長さの選択なんですが、ストロークの再現性を向上させることが目的です。構えやすさ、振りやすさ、打ちやすさ順番に決定します。振りやすさ打ちさすさは上ようにストロークの頂点ボールを捉えること、つまりシャフトの長さがストロークの質を決める重要要素なのです。

ショートパットに不安がある人はシャフトの長さがあっていないのかもしれません。ショートパットがいまいちしっくりこないという人は自分に合ったシャフトレングスを見つけてほしいと思います。

購入は↓こちらをクリック

相談・フィッティング大歓迎です。

 


コメントを残す