スーパーストロークカウンターコアテクノロジー その2

スーパーストロークカウンターコアテクノロジーのグリップは

このように、グリップエンドをがスクリューになっていて、

カウンターウェイトを挿入します。カウンターウェイトの先端についているスポンジは、カウンターウェイトが中でグラグラ動かないように、カウンターウェイトがシャフトの中心部に位置するようするもののようです。

心なしか振動吸収効果があるように感じました。

付属の六角レンチでしっかり装着します。

最後にはこうなります。外観からは全くカウンターウェイトが入っているとはわかりません。

ジョーダン・スピースが使っているフラッソです。

※PING PP60はピストルタイプで順手でグリップしやすいですが、こちらは逆手に向いていそうです。

では、カウンターウェイトのウェイトを変化させ、パッティングストロークがどう変化するのか数値的に計測します。

先ずはウェイトなしです。

このパターではこのお程度だと思います。いまいち安定しません。

次に25gのカウンタウェイトをつけてみました。

いきなり、パッティングハンディキャップが良くなりました。

でも、2回目はちょっと悪くなりました。

次は50gです。

2回ともいい数字が出ました。特にインパクト時のフェースの向きのバラツキが少なくなりました。

最後に75gです。

こちらも2本揃いませんでした。

ということで、私の場合はカウンターウェイト50gが好結果が出ましたが、個人差や装着するパターによる影響もあろと思います。

まだ一人のだけのデータなので、カウンターウェイトを装着するとストロークが安定するという結論は出ません。

今後データを取りたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です