ピストルグリップは何故売れるのか

ピストルグリップと言えばPINGの定番中の定番グリップ。何十年も売れ続けているグリップです。

フィーリングを生かすことが出来る、細いグリップと思ってるだと思っているんだと思います。

店長は「フィーリングを生かしながら、方向性を犠牲にすることがない、細く感じるんだけど、太いグリップ」と思っているんですよ。

とうとう、気が狂ったかとお思いでしょうが、次を見てください

ピストルグリップは赤のラインにシャフトの中心が通ります。

上部を拡大して、グラフのメモリを読み取ると

18mm。

フロントサイドで一番出っ張っていると所の寸法は

12mm。

足すと30mm。スーパーストローク2.0の外径くらいになるんですよ。グリップの外径が大きいほど、クラブヘッドがターンするトルクをコントロールできることは周知の事実ですから。

店長の気の狂いようも少しは納得できるのではないでしょうか?

フェースコントロールが用意、フィーリングがいい。そんなグリップが世の中で一番安い方のグリップなんですね。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i525i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:


カテゴリーPING

コメントを残す