ダフらない

通常のショットでもグリーン周りでも、ゴルファーは、ダフることを恐れます。

ですので、ボールを右サイドにおいて、地面にコンタクトしたいという気持ちはわかりますが、左肩をスイングのこの中心として考えるのであれば、左肩の線上に置くのが幾何学的に考えると正しいはずです。スイング中のクラブヘッドの最下点と地面が一致します。

神がかりなアプローチを見せるミケルソンはボールの左肩(右肩)の下において、幾何学的に、ダルらない形にするという基本が完全にできているからです。

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i210i59BLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここ、お気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

納期情報

楽天:

納期情報

Yahoo!:

一部モデルの欠品のため、納品に時間をいただいております。


コメントを残す