インパクトスタイル

インパクトのスタイルには大きく二つのスタイルがあります。

このような2つです。

アドレス時のシャフトラインに合わせるようにインパクトする人

もしくはアドレス時のボールと肘のラインを結んだ線とシャフトが合うようにインパクトする人です。

これよりも手元が浮くと主張する人がいますが、あまりいませんのでここでは割愛します。

アドレス時のボールと肘のラインを結んだ緑線はAGLではホットラインとして非常な重要なラインとなります。

では、なぜ肘を通るラインなのか?それは肘の高さと同じような場所に人の重心があるからだと思います。

手元を低くインパクトを迎えようとすると、クラブにかかる遠心力と体の重心位置がずれているのでトルクが発生しクラブをうまくコントロールできないので左手に力を入れて振ろうとする。

しかしホットラインでインパクトする場合、クラブにかかる遠心力と体の重心位置が同じライン上で一致し、それぞれの力が引っ張り合い打ち消すのでクラブがアンダーコントロールになる。

AGLもPINGのチャートも多くのゴルファーを統計して導き出していますが、理屈をつけるとすればこういうことでしょう。これでもアドレスの位置で無理やりボールを打ちますか?

PINGの購入は↓こちらをクリック!

i210、iBladeBLUEPRINT

フィッティング・お問い合わせは

ここお気軽にどうぞ。

現在、PINGからの出荷が遅延しております。パーツ欠品も発生しておりますので納期情報を参考にしてください。

楽天:納期情報

Yahoo!:納期情報

レッスンでもう打てるはずなのに、うまく打てないので、すべての番手を打ってもらいました。そうしたら8番だけが上手く打てるんです。すぐさま番手ごとの前景角度をチェック、どのクラブも同じなので、クラブに合わせてアドレスしてもらうと問題なくというか、ほとんどすべての問題点が消えました。つまりはインパクトでのクラブと体の重心が擦れて起きていたということだったんですね。


コメントを残す